Dos Monos、新曲のトラックメイク画面を、 渋谷マンハッタンレコードの屋外広告で突如公開!

Dos Monosが、7月24日に発売決定した2ndアルバム収録の新曲のトラック制作画面を屋外 広告として公開した。

この画面から、新曲の全体像を窺い知ることができ、さらに、クリエイティブ・コモンズ的にあらゆる人々に楽曲の二次創作の可能性が開かれることを意図している。

本企画は、トラックメイカーの荘子itが実際に使用しているソフトウェアAbleton Liveを開発 するAbleton社公認のもと実施。

掲出場所は、渋谷・宇田川町のレコードの聖地、ManhattanRecords(マンハッタンレコー ド)の1箇所のみ。期間は7月15日まで。

<以下、メンバーの企画意図コメント>

楽曲のアイデンティティはどこにあるのでしょうか?古典的なクラシック音楽の時代なら、 それは作曲家が書き記した楽譜や、本人による演奏にあったのかもしれませんが、DTMに よるトラックメイクの時代では、定義が揺らいでるように思われます。 今回の企画は、DTMの画面を楽譜に見立てて、誰も音源自体を聴いたことがない状態で、 謎解きのようにして、他の音楽家の手で新たにトラックメイクをしてもらったらどうなる か?という実験です。それが原曲と比べて、どれくらい同じで、どれくらい違うものになる のか、全く予想がつきませんが、誰かが実際のアルバムリリースより先に作品を発表してく れることを期待しています。

<アルバムリリース情報>

Dos Monos 2ndアルバム『Dos Siki』 7月24日ワーナーミュージック+809よりリリース決定。

続きを見る