巧みなフロウと高速ラップが、和製Eminemと呼ばれるNY在住のバイリンガル・ラッパー Kazuoがデビューアルバム「AKUMA」を本日より配信開始!

Kazuoの武器である、英語と日本語を巧みに操ったラップと、全て自身で行ったビートメイクの魅力が詰まった、デビューアルバム「AKUMA」がリリースされた。

Kazuoがアルバムの中で1番の出来だと語る、リード曲の「JAP GOD」は、彼自身が今まで培ってきたいわゆるNYスタイルのHipHopを魅せることができている楽曲である。

また現在、アメリカを中心に世界各地でトピックとなっている話題「Black Lives Matter」についても、Kazuoなりの解釈で表現したものとなっている。

さらに本日から、「KAIJU FREESTYLE」のMVも同時に公開されているので、併せてチェックして頂きたい。

■アーティスト:Kazuo

■タイトル:AKUMA

■トラックリスト

01. JAP GOD

02. BOOMBOX!

03. BLASIAN!

04. KAIJU FREESTYLE

05. INCELS! (feat. Vincent, The Owl)

06. YABAI96

07. ONLYFANS

08. HOW TO MAKE FRIENDS

09. SADBOYRADIO

10. ROACH SUSHI

■配信開始日:2020年6月26日

■各種配信サービス一覧: https://lnk.to/AKUMA

- Kazuo コメント-

「皆さん、こんにちは。Kazuoです。遂に僕のデビューアルバム「AKUMA」がリリースされました。

自分がアジア人として、黒人としてこれまでに経験した良いことや、大変だったことにユーモアを加えて制作した楽曲から、言葉遊びでラップしたものなど全曲目白押しのアルバムとなっています。

また今作からMVを4本制作したんですが、これも全て僕がプロデュースしました。

他にはない、Kazuoオリジナルが100%出ているので是非皆さんに観て頂きたいです!

これからの僕の展開としては、HipHop以外のジャンルでも楽曲制作をしていく予定です。

とにかくKazuoのサウンドを広めたい!!ので、まずは「AKUMA」から聴いてください!」

- Kazuo プロフィール –

日本人の母親とアメリカ人の父親を持つ、アメリカ生まれ神奈川育ち。幼い頃からHipHopを聴きながら育つ。高校の時にアメリカへ戻り、大学に通いながら19歳の頃にニューヨークのシーンでアーティスト活動を開始。日本語と英語のバイリンガルラップを得意とし、日本で育ちながらも、アメリカの個性的なラッパーに負けないニューヨークスタイルのHipHopが持ち味。アグレシッブな歌詞と高速ラップを使ってメッセージを伝え、エネルギッシュなパフォーマンスを行う。ビートメイクや、ミュージックビデオの監督、編集者とオールマイティな才能を持つ。

・Kazuo SNS

https://www.instagram.com/kazuotv

https://twitter.com/HeyKazuo

https://vt.tiktok.com/AQgafY

https://www.youtube.com/user/EnigmaniacX

続きを見る