TOKYO HEALTH CLUB、4年ぶり4枚目となるフルアルバム『4』を4月15日(水)前にBandcampにて緊急リリース & 一定期間中の売上はライブハウス・クラブの支援に!

多摩美(多摩美術大学)の同級生4人で結成され、今やフェスにソロに何やらかんやらに活躍しているヒップホップ・グループ:TOKYO HEALTH CLUBが4年振り、4枚目のアルバム「4」(よん)を4月15日(水)に先行発売することがわかった。

今年は結成10周年、改めて4人の"原点"と変化した"現在"を骨格に、THCらしい様々なテーマが肉付けされた作品となった。客演には、昨年発表したシングル「SUNNY」にも参加した羊文学の塩塚モエカ(Vo., Gt.)や昔からTHCと親交があるGAMEBOYZのCHAPAHが参加。

2016年にManhattan Recordsからリリースした「VIBRATION」以降、フェスなどへの出演や自主企画といった活動はもちろん、ミニアルバムの制作や楽曲提供、ソロ活動なども行ってきた。そんな4年熟成した『4』は、これまでと違ったTHC節を味わえるかもしれない。

今回もアートワークは、詩人・最果タヒのブックデザインやNIKE吉祥寺の店舗グラフィックをはじめ、CDジャケットなど様々な仕事を手がける佐々木俊(AYOND)が担当している。

ARTIST : TOKYO HEALTH CLUB (トーキョーヘルスクラブ)

TITLE : 4 (ヨン)

LABEL : THC RECORDINGS

発売日 : 2020年04月15日(水)

CAT NO. : THCR-0002

FORMAT : CD(LP型紙ジャケット仕様)/DIGITAL

税抜価格(CD) : 2,000円

バーコード : 4526180498629

収録曲

01. DELIVERY

02. リピート feat. 塩塚モエカ

03. 5Hard to the 2B

04. 夢のような

05. M.E.I.G.E.N.

06. RePLAY

07. 御立派

08. breaktime

09. Δ(Delta) feat. CHAPAH

10. グッド・バイ

11. 4W

▲TOKYO HEALTH CLUB(トーキョーヘルスクラブ)▲

TSUBAME(DJ/BEATMAKER)、SIKK-O(MC)、JYAJIE(MC)、DULLBOY(MC)からなる多摩美術大学の同級生で結成された、3MC1DJのHIP HOPグループ。2010年に活動を開始。2016年にManhattan Recordsから3rd Album『VIBRATION』をリリースし、よりその名を世に広める。2018年8月には自主ライブ企画を渋谷WWWで開催、チケットはソールドアウト、大盛況を収める。自主ライブ当日にリリースされたミニアルバム『NINGENDOG(会場限定盤)』収録の先行シングル「HなGAL feat. Kick a Show」は、テレビ東京系『ゴッドタン』エンディングテーマに起用された。様々な角度から注目を浴びるアーティストである。

続きを見る