OZworld a.k.a. R'kuma、『NINOKUNI feat.唾奇』のMVを公開!世界的ファッションブランド・Yumi Katsuraデザイン衣装とのコラボとVFXを駆使した映像に注目!

6月に自身初となるデビューアルバム「OZWORLD」をリリースし、Apple Music、iTunesのHIP HOPアルバムチャートでは1位を獲得。また同作品は、渡辺直美、ブルゾンちえみなど、有名タレントもSNSで話題にするなど、注目度の高さがうかがえるOZworld a.k.a. R'kuma。

アルバム発売から半年が経過した今、地元沖縄の朋友唾奇(ツバキ)を客演に迎えた人気曲「NINOKUNI feat.唾奇」のMVが遂に公開された。

監督はこれまでCONVERSE、ASICS、LANVIN等の広告映像を数多く手がけてきたYoshihito Katoが担当。VFXや特殊な照明を駆使した映像は、楽曲の題材となった架空の平行世界を見事に再現し、見るものを異次元に誘う幻想的なものとなった。

衣装は日本が世界に誇るブライダルファッションブランド「Yumi Katsura」。

OZworld、唾奇が着用した衣装は、いずれもパリクチュールコレクションで発表された伊藤若冲、葛飾北斎の絵画をモチーフに造られた1点物で、同ブランドが国内ミュージシャン、またHIP HOPアーティストに衣装提供したのは今回が初となる。

*アーティストコメント

[OZworld a.k.a. R'kuma]

「NINOKUNIはアルバム曲でも一番最後にできた曲で、唾奇さんともREC当日までなかなか連絡が取れず締め切り直前にRECしてギリギリすべりこみで提出しました(本当は1日過ぎましたが)。

MVは福島県にあるホテル跡地で撮影し、撮影チームのスタッフの多さにびびりました。CGなどの特殊技術を多用する映像なので撮影中はこれがどういう風に進化するのか楽しみでしかたなかったです。

これからもみんなとNINOKUNIを広げていきたいので応援してください!」

[Yoshihito Kato (監督)]

「撮影時に苦労したのは、エレベーターが壊れていて16階分の階段を上ったのと8月に撮影したので暑かった事ですかね。

印象的というか毎回プロジェクト事にチームを作るのですが、制作スタッフのみんなが良いパフォーマンスをしてくれたのでシンプルにありがとうと思いましたし、彼らを選んで良かったと思いました。本当に感謝ですね。

大人が真剣になんか作るって辛い部分もあるけど、改めて素敵やなと撮影の時良く思います。とりあえずはみんなで早くメシ行きたいって気持ちです。」

続きを見る