DJ KEKKE、12月22日(日)に360min.ワンマンDJを@渋谷VUENOSにて開催!

国内外問わず、年間400本を超える日々圧倒的な場数をこなし、毎週火曜の『AbemaMix』にもレギュラー出演しているDJ KEKKEが、オープンからラストまでたった一人で360分のドラマを作り上げるワンマンDJを@渋谷VUENOSにて開催する。

DJ KEKKEは、東京を拠点に全国各地、アメリカ、ヨーロッパ、アジア等を勢力的に飛び回る傍、LADY GAGAやNE-YOなどのメジャーアーティストから、A$AP ROCKY、A$AP FERG、FUTURE、WIZ KHALIFA、ICE CUBE、SKEPTAをはじめとする世界的なHIPHOPアーティストのオープニングアクトや、世界最大級のダンスミュージックフェスの一つである「ULTRA JAPAN」や「EDC JAPAN」のメインステージにHIPHOP DJとしては異例の出演も果たし、DefJamアーティスト「SWAY」のオフィシャルDJなど、メジャーからアンダーグラウンドまでクラブDJとしての可能性を常に第一線で牽引し続けている。

そんな彼がこのワンマンで今のDJシーン、クラブシーンに対し、一石を投ずるという。

テクノロジーのお陰で誰でもDJが手軽に始めれる時代。クラブでDJデビューする事も昔よりは容易になり、集客という理由で一晩に何人ものDJが入るお陰で、一人一人のプレー時間は短くなり、DJはLIVEパフォーマンスかの様に自分の持ち時間だけを考えるDJが増えている。本来、DJは今いるお客様やクラブの雰囲気、そしてその場の空気を瞬時に読み取り、そこにあった的確な音楽を提供する職人だと考える。フロアにいるお客様だけではなく、VIPやバーカウンターにいるお客様の仕草やテンションにも目を配らせ、滞在時間やお店がCLOSEするまでの時間を考慮し60分先の事までをも考えながらプレーする必要があるのだ。

風営法が改正されて約3年。日本でもナイトクラブ事業に大手企業が参戦し始め、来年にはオリンピックも控え、日本のクラブシーンはとんでもないスピードで進化していくであろう。だからこそ今、DJやクラブシーンの本質的な部分を改めて考える時が来たのではないか。

12月22日、DJ KEKKEという“いちクラブDJ”が一晩を通してそれを証明してくれる事であろう。

[日程] 2019年12月22日 (日)

[表題] - MYself - DJ KEKKE 360min SET

[時間] OPEN 23:00

[場所] VUENOS

[後援] AbemaMix / DJCITY / MAGIC STICK / Pioneer DJ

#1222360

「前売りチケット」

・ [MAGIC STICK × DJ KEKKE] スペシャルコラボTシャツ付き限定前売りチケット🎫(限定30枚)

https://eplus.jp/sf/detail/3157870001-P0030001

・通常前売りチケット

https://eplus.jp/sf/detail/3141180001-P0030001P021001?P1=1221



続きを見る