シンガー・ソングライター・ACO、全曲英詞でのオール・カバー・アルバム 「SING SING SING」を11月27日(水)に発売

独自の音楽性と歌声を響かせてきたシンガー・ソングライター:ACOによる自身初挑戦となる全曲英詞でのオール・カバー・アルバム「SING SING SING」(シング・シング・シング)が明日11月27日(水)に発売。

ACO "Feeling Good" PV

往年の名曲から現代のポップソング、多方面の楽曲をBass: 中尾憲太郎(NUMBER GIRL/Crypt City)、Drums: 柏倉隆史(toe/the HIATUS)、Keyboards: 別所和洋(GENTLE FOREST JAZZ BAND)、そしてSaxphoneに坂田明を迎え、ひたすら濃い内容でお届け。ACOの歌声は勿論、各々の際立つ技量に注目あれ!長く聴き継がれていく事にこだわった極上の一品。

ARTIST : ACO (アコ)

TITLE : SING SING SING (シング・シング・シング)

LABEL : 翡翠

RELEASE DATE : 2019年11月27日(水)

CAT NO. : HISUI-0001

FORMAT : CD(歌詞カード付属予定)/DIGITAL

PRICE : 1,500円+TAX(CD)

収録曲

1. Nina Simone - Feeling Good

2. Amy Winehouse - Valerie

3. Chet Baker - I've never been in love before

4. Billie Eilish - bury a friend

5. Sam Smith - I'm Not The Only One

6. Frank Sinatra - My Funny Valentine

Vocal: ACO

Bass: 中尾憲太郎

Drums: 柏倉隆史

Keyboards: 別所和洋

Saxophone: 坂田明

■ACO(アコ)■

1977年生まれ、1995年デビュー。Dragon Ash 「Grateful Days」に参加後、知名度が上がり、自身のアルバム「absolute ego」がヒット。そこからコンスタントに作品のリリース、ライブを重ねている。

続きを見る