BAD HOP、豪華海外プロデューサー陣とコラボした新作EPをApple Music限定リリース! 制作風景を収めたショートムービーも同時公開!

川崎を拠点とし、T-Pablow、YZERR、Tiji Jojo、Benjazzy、Yellow Pato、G-K.i.d、Vingo、Barkの8名のMCで構成されるヒップホップ・クルーのBAD HOPが、この度、USの豪華プロデューサーたちとコラボしたEP『Lift Off』を11月15日(金)にApple Music、iTunes 限定でリリースした。また、EP発売に合わせて、現地での制作風景を収めたショートムービー「BAD HOP: LIFT OFF」もApple Musicのオリジナルコンテンツとして同時公開されている。

全6曲が収録された『Lift Off』はアメリカ・ロサンゼルスでのレコーディングに挑み、BAD HOPにとってはどれも初めての海外制作楽曲となる。これまでにBAD HOPのSNSアカウントでも少しずつ内容の公開を行なって来たので、本プロジェクトの全貌が明らかになることを待ちわびていたファンも少なくないだろう。

『Lift Off』に参加したプロデューサーは、Murda Beatz、Metro Boomin、Mike Will Made-It、Mustard 、Wheezy、そしてTurboの豪華な面々。いずれも、DrakeやMigos、Kendrick Lamar、Young Thugといった世界を代表するアーティストらのヒット曲をいくつも手がけているプロデューサー達だ。今回、発表されたショートムービーでも、実際にロサンゼルス のスタジオ内で上記のプロデューサーらと制作を共にするBAD HOPのメンバーの様子などが確認できる。

世界基準に挑んだ最新EP『Lift Off』は、Apple Music、iTunesでの独占公開作品。Apple Musicでは、彼らの独占インタヴューをもとにしたエクスクルーシヴな楽曲解説なども読むことができる。昨年、日本のヒップホップ・アーティストにとっては史上最速となる武道館での単独公演、そして今年は全国5都市でのツアー「COLD IN SUMMER ZEPP TOUR」を成功させた BAD HOP。常に高みのステージを目指す彼らによる自信作が、いよいよそのヴェールを脱ぐ。

-----------------------------------

作品情報

BAD HOP『Lift Off』

発売日:2019年11月15日(金)

※Apple Music、iTunes Music Storeにて独占配信

Apple Music

BAD HOP アーティストページ:

https://music.apple.com/jp/artist/bad-hop/1136139218?ls=1&app=music

New EP 「Lift Off」:

https://music.apple.com/jp/album/lift-off-ep/1487758689?ls=1&app=music

トラックリスト:

1. JET (feat. G-k.i.d, Yellow Pato & Tiji Jojo) prod. by Murda Beatz

2. Double Up (feat. Tiji Jojo, Benjazzy, Vingo & T-Pablow) prod.by Metro Boomin

3. ICHIMANYEN (feat. YZERR, Vingo & Benjazzy) prod.by Mike Will Made-It

4. Poppin (feat. Benjazzy, YZERR & Bark) prod.by Mustard

5. Dead Coaster (feat. T-Pablow, Benjazzy & G-k.i.d) prod.by Wheezy

6. Foreign (feat. YZERR & Tiji Jojo) prod. Turbo & Wheezy

Apple Music オリジナルコンテンツ

ショートムービー「BAD HOP: LIFT OFF」

公開日:2019年11月15日(金)

※Apple Musicにて独占配信

Apple Music URL:

https://itunes.apple.com/jp/movie/bad-hop-lift-off/id1487298912?ls=1&app=music

川崎を拠点とし、T-Pablow、YZERR、Tiji Jojo、Benjazzy、Yellow Pato、G-K.i.d、Vingo、Barkの8名のMCで構成されるヒップホップ・クルーのBAD HOPが、この度、USの豪華プロデューサーたちとコラボしたEP『Lift Off』を11月15日(金)にApple Music、iTunes 限定でリリースした。また、EP発売に合わせて、現地での制作風景を収めたショートムービー「BAD HOP: LIFT OFF」もApple Musicのオリジナルコンテンツとして同時公開されている。

全6曲が収録された『Lift Off』はアメリカ・ロサンゼルスでのレコーディングに挑み、BAD HOPにとってはどれも初めての海外制作楽曲となる。これまでにBAD HOPのSNSアカウントでも少しずつ内容の公開を行なって来たので、本プロジェクトの全貌が明らかになることを待ちわびていたファンも少なくないだろう。

『Lift Off』に参加したプロデューサーは、Murda Beatz、Metro Boomin、Mike Will Made-It、Mustard 、Wheezy、そしてTurboの豪華な面々。いずれも、DrakeやMigos、Kendrick Lamar、Young Thugといった世界を代表するアーティストらのヒット曲をいくつも手がけているプロデューサー達だ。今回、発表されたショートムービーでも、実際にロサンゼルス のスタジオ内で上記のプロデューサーらと制作を共にするBAD HOPのメンバーの様子などが確認できる。

世界基準に挑んだ最新EP『Lift Off』は、Apple Music、iTunesでの独占公開作品。Apple Musicでは、彼らの独占インタヴューをもとにしたエクスクルーシヴな楽曲解説なども読むことができる。昨年、日本のヒップホップ・アーティストにとっては史上最速となる武道館での単独公演、そして今年は全国5都市でのツアー「COLD IN SUMMER ZEPP TOUR」を成功させた BAD HOP。常に高みのステージを目指す彼らによる自信作が、いよいよそのヴェールを脱ぐ。

-----------------------------------

作品情報

BAD HOP『Lift Off』

発売日:2019年11月15日(金)

※Apple Music、iTunes Music Storeにて独占配信

Apple Music

BAD HOP アーティストページ:

https://music.apple.com/jp/artist/bad-hop/1136139218?ls=1&app=music

New EP 「Lift Off」:

https://music.apple.com/jp/album/lift-off-ep/1487758689?ls=1&app=music

トラックリスト:

1. JET (feat. G-k.i.d, Yellow Pato & Tiji Jojo) prod. by Murda Beatz

2. Double Up (feat. Tiji Jojo, Benjazzy, Vingo & T-Pablow) prod.by Metro Boomin

3. ICHIMANYEN (feat. YZERR, Vingo & Benjazzy) prod.by Mike Will Made-It

4. Poppin (feat. Benjazzy, YZERR & Bark) prod.by Mustard

5. Dead Coaster (feat. T-Pablow, Benjazzy & G-k.i.d) prod.by Wheezy

6. Foreign (feat. YZERR & Tiji Jojo) prod. Turbo & Wheezy

Apple Music オリジナルコンテンツ

ショートムービー「BAD HOP: LIFT OFF」

公開日:2019年11月15日(金)

※Apple Musicにて独占配信

Apple Music URL:

トレイラー埋め込みコード:

『Lift Off』参加プロデューサー紹介

Murda Beatz (マーダービーツ) :カナダ、オンタリオ州出身。6歳の時にドラムを習い始め、16歳でビートメイキングを開始する。2015年にプロデュースを手掛けたMigos「Pipe it Up」がスマッシュ・ヒットを記録し、2016年、French Montana「No Shopping ft. Drake」がプラチナム・ヒットに。以後、2 Chainz、Nicki MInajといった 人気ラッパー達のシングル楽曲を続々と手がけることとなり、Drakeのアルバム『VIEWS』、『MORE LIFE』でもその存在感を示して見せた。2018年にはMigos「MotorSport ft. Nicki Minaj & Cardi B」、Drake「Nice For What」、6ix9ine「Fefe ft. Nicki Minaj」と、プロデュースを手掛けたシングルが立て続けにミリオン・ヒットを記録。2019年のグラミー賞では合計6部門にてノミネートされるという快挙を成し遂げた。

Metro Boomin(メトロ・ブーミン):セントルイスに生まれ、その後、アトランタに拠点を移し活動を本格化させる。グッチ・メインらとの作品で知られるプロデューサー/ラッパーであるOJ da Juicemanのもとでビートメイカーとしてのスキルを磨き、徐々に盟友とも言えるフューチャーとのコラボレーションを中心に名が知れ渡るようになる。現在のシーンを牽引するダークなトラップ・チューンの牽引者としても知られ、Future「Mask Off」やMigos「Bad and Boujee ft. Lil Uzi Vert」、21 Savage「Bank Account」など地元アトランタ産のトラップ・ヒットはもちろん、Post Malone「Congratulations ft. Quavo」、The Weeknd「Six Feet Under」、Kanye West「Father Stretch My Hands, Pt. 1」といったミリオン・ヒットも多数手がける。これまでに、Offsetと21 Savageとタッグを組んだ『Without Warning』、Big Seanを招いた『Double Or Nothing』、そしてTravis ScottやDrakeが参加した『Not All Heroes Wear Capes』など、ミックステープ作品も多く発表している。

Mike Will Made-It(マイク・ウィル・メイド・イット):ジョージア州生まれ、14歳の頃よりビートメイキングを開始する。2011年、Meek Millに提供した「Tupac Back ft. Rick Ross」で一躍その名を広め、Kanye West 「Mercy ft. Big Sean, Pusha T & 2 Chainz」や、2 Chainz「No Lie ft. Drake」など次々とヒット・チューンをチャートに送り出していった。Rihanna「Pour It Up」やCiara「Body Party」、Miley Cyrus「We Can’t Stop」、Beyoncé「Formation」といったR&B /ポップ・チューンをも次々と手がけ、ヒップホップ・プロデューサーの枠組みを越えた成功を納める。2013年には自身のレーベル、Ear Drummer Recordsを設立。兄弟ラップ・ユニットのRae Sremmurdがデビューし、「No Flex Zone」や「Black Beatles ft. Gucci Mane」などヒット・シングルを多数発表する。2017年から毎年グラミー賞にもノミネートされており、2018年の授賞式ではKendrick Lamarのアルバム『DAMN.』に収録された「HUMBLE.」、「DNA.」の二曲を手がけ、見事トロフィーを奪取した。

Mustard(マスタード):ロサンジェルスを拠点とするプロデューサー。2010年頃より地元のラッパー、YGへのビート提供をきっかけにプロデューサーとして活動をスタートする。TygaやNipsey Hussleらとの作品を手がけるようになり、2011年、Tyga「Rack City」がビルボード総合チャート最高位7位をマークするヒットになり、以後、ミニマムなベースとアップテンポなビートがシグニチャーとなったマスタード・サウンドがチャートを席巻していく。Kid Ink「Show Me ft. Chris Brown」やTinashe「2 On ft. Schoolboy Q」、YG「Who Do You Love? ft. Drake」といったヒット・シングルを立て続けに発表し、2010年代以降の西海岸サウンドの歴史を塗り替えた。また、自身のレーベルである10 Summersを立ち上げ、2018年にはR&BシンガーのElla Maiがデビュー。Mustardがプロデュースを手がけたシングル「Boo’d Up」はUS国内だけでも500万枚相当の売り上げを記録し、2019年のグラミー賞では2部門にノミネートされた。2019年に入ってからも、Migos「Pure Water」、YG「Go Loko ft. Tyga & Jon Z」など、手がけたシングルが軒並みプラチナム・ヒットを記録している。

Wheezy(ウィージー):15歳の時にビートメイキングをスタートし、その後、Metro BoominやSouthside、Sonny Digitalといったアトランタを代表するプロデューサー達と共に制作を行うようになる。Jose GuapoやRich Homie Quan、Bankroll Freshといったアトランタのストリート・ラッパーらのビート提供を経て、2015年、Young Thugのミックステープ『Barter 6』にて多くのプロデュースを手がけ、その名が知れ渡るようになる。以後、『Slime Season』シリーズや『Jeffery』など、Young Thugの作品には欠かせぬプロデューサーに。その後も、Futureや21 Savageらアトランタのヒット・ラッパーたちの楽曲を手がけつつ、GunnaやYung Bansといった同じアトランタの新鋭ラッパーの楽曲を次々と手がける。2018年にはLil Baby「Yes Indeed ft. Drake」がビルボード総合シングル・チャート最高位6位を記録し、トリプル・プラチナムに輝くヒットに。Meek MIll「Going Bad ft.Drake」やYoung Thug「Hot ft. Gunna」などの旬なヒット曲を次々と手がけている。

Turbo(ターボ):アトランタを拠点とするプロデューサーで、Wheezyとの共作も多い。2018年にリリースされたLil BabyとGunnaによるコラボ・ミックステープ『Drip Harder』ではエグゼクティヴ・プロデューサーを務め、ビルボード総合アルバム・チャート最高位4位を記録し、リード・シングル「Drip Too Hard」は500万枚以上の売り上げを誇るヒット・チューンに。Gunnaが2019年に発表したデビュー・アルバム『Drip Or Drawn 2』はWheezyとともにエグゼクティヴ・プロデューサーを務め、最先端のアトランタ・サウンドを提示してみせた。また、2018年にはグラミー賞にもノミネートされたTravis Scottのアルバム『ASTROWORLD』に収録された「YOSEMITE ft. Gunna & Nav」のプロデュースを担当。今後、最も期待されるプロデューサーの一人である。

続きを見る