6月27日(木)21:15〜DJ KENTARO & DJ TO-RU、#AbemaMix に生出演!DJ IZOHとの世界チャンピオンセッションにも注目

世界最大のDJバトル「DMC World Final 2002」の世界チャンピオン・DJ KENTAROとTurntable Orchestraの一員として活躍し、ファーストアルバムリリース間近のDJ TO-RUが『AbemaMix』に生出演することがわかった。


DJ KENTARO

ターンテーブリストであり、サウンドクリエイターである日本のDJ。世界最大のDJバトル「DMC World Final 2002」において大会史上最高得点というギネスを残し、文字通り圧勝でアジアから初の世界チャンピオンになる。

またNHKの番組「トップランナー」やSpace Shower TV IDなど数々のメディアにも積極的に登場し、2004年12月にはUK屈指の老舗レーベル(Ninja Tune)の音源のみを使用したミックスCD「On The Wheels Of Solid Steel」が世界リリースされる。2006年4月に(Ninja Tune)とアーティスト契約を交わし、1stソロアルバム「Enter」を2007年に世界リリース。その独特にして強烈なリズムとジャンルを縦横無尽に駆け巡るサウンドデザインが評価され、オリコン・インディーズチャート1位、iTunesのダンスチャートではアルバム、シングル共に1位を獲得。

2014年10月にはロンドンで行われた「DMC World Final 2014」でのパフォーマンスも成功させ、2015年からは自身が講師を務めるDJスクール「World DJ Academy」を開校。2016年Vol 7、”BASSCAMP Returns”は3年ぶりに日本にて開催、成功をおさめた。


DJ TO-RU

日本、仙台出身。幼少時代Rock で育ち、16歳にHIP-HOPと出会い、1999年にDJ活動スタート。その時、のちに DMC DJ CHAMPIONSHIP 2002で2位とダブルスコアを付け圧倒的強さで世界を制した、DJ KENTAROと出会った。

2002年にターンターブルの魅力に魅了され、SCRATCHをはじめ、DMC JAPAN、ITF JAPANなど数々のDJ 大会に出場し、地元仙台でのTurntablistシーンの地位を築き上げる。HIP-HOPにとどまらず、Break Beats、House、Reggae、Drum’n’ Bass、など様々なジャンルをMIX するPLAY STYLEを特徴としている。

また、DJ KENTARO, Q-bert, D-styles, DJ Swanp, DJ Switch なども参加した”Turntable Orchestra”の一員として Jay-ZとBeyonce の”Apeshit” それと、Kendrick Lamarの”Humble”に並びアメリカのClio Awardsを2018年に受賞した。

Ninja Tune傘下(Publishing)、そしてDJ KENTAROのEndeavor FamilyRecs傘下という位置付けになる、”GOJA Records”という音楽レーベルをタイはバンコクにてローンチ、1st compilation album “Phrakanong”をドロップ、各方面よりプロップスを受けている。現在DJ TO-RU名義のファーストアルバムを製作中、リリースは間近だ。

そんなDJ KENTARO & DJ TO-RUが『AbemaMix』に生出演するのは、6月27日(木)21:15〜。DJ IZOHとの日本人世界チャンピオンのセッションが観れるのは『AbemaMix』のみ。

当日は渋谷・宇田川町、AbemaTowers 1FのUDAGAWA BASEから無料で観覧できるほか、PCやスマホでも観れるので、今のうちから予定を空けておくか、視聴予約して見逃さないように備えておこう!

視聴:http://bit.ly/2Xg1nQZ

続きを見る