DJ RYOW、JIN DOGGを迎えた新曲をサプライズリリース! “MAD な爆弾犯”主演のMVも公開!

自身の誕生日となる2019年2月16日に活動20周年を記念したベスト盤を発売したことも記憶に 新しいDJ RYOWが、本日、日付の変更と同時に突如新曲のリリースを発表し、YoutubeのDREAM TEAM MUSICチャンネルにて、MVも公開となった。 

DJ RYOW『no talk zone feat. JIN DOGG』【Music Video】

今回客演に迎えたのは、大阪を拠点に活動し国内のトラップミュージックカルチャーにおいて最前線を走るJIN DOGG。“体重を乗せてぶん殴るようなラップ”と評される、彼の衝撃的でシリアスな世界観が存分に発揮された、聞けば聞くほど深くまで聞き込んでしまう中毒性のある一曲となっている。

【DJ RYOWコメント】

JIN DOGGは、昔LIVE観てからいつかやりたいと思ってたアーティストだったのと、人間はも ちろん、世界観も好きだから、今回やれて嬉しかったです。この後も色々仕込んでるので是非 CHECKして下さい。そして現場で待ってます。

【JIN DOGGコメント】

"NO TALK ZONE" = "黙れ"と言うトピックの歌です。黙って聴いて暴れてください。

なお今回のミュージックビデオは、JIN DOGGが所属するヒップホップレーベル“HIBRID ENTERTAINMENT”の作品を中心に手がけているHAZE WAVE(ヘイズウェイブ)が制作。 DJ RYOWとJIN DOGGに爆弾犯を演じさせた狙いについて、次のようにコメントしている。

【HAZE WAVEコメント】

Jin DoggのMAD感を表現したかった。恐ろしくDOPEな映像に仕上げるのが狙いで2人に演じてもらった。

2019年3月6日 デジタルリリース 「no talk zone feat. JIN DOGG」

続きを見る