【『SUMMER BOMB』開催直前!】Zeebraインタビュー、出演者アーティストを解説!(後編)

東京新木場・STUDIO COASTを会場に、今年もいよいよ開催が迫ったヒップホップフェス『SUMMER BOMB』。フェスのオーガナイズを務めるZeebraに開催の概要を聞いた前編に続いて、後編では今年出演が決定したフレッシュなアーティスト達について彼からコメントをもらった。

【Awich】


第一弾で発表させてもらったけど、Awichはこんな子いたんだっていう感じだよね。去年出てきていきなりすごいし、もう完全に世界レベル。才能だけの問題じゃないよね、知識、経験、今までの人生観が一気に凝縮されてるアーティストって感じがするから絶対誘いたいっていうのがあった。

【漢 a.k.a. GAMI】


漢だったりKEN THE 390はホント、今のヒップホップシーンを動かしてる仲間ってイメージなんだけど、それを常にずっとキープして行ってくれていて。それこそ鎖GROUPもGRAND MASTERと同じ頃に出来たし、そういう意味じゃすごくいい関係で、「フリースタイルダンジョン」に出てもらったり俺もKOKの方に出て行ったりもするし、最新アルバムもさすがの漢節だったから出てほしいなと。

【Cz TIGER】


Cz TIGERは去年ぐらいからの勢いがすごくて。あとはファンベースがしっかりしてて、ダイハード・ファン何人かのチームCz TIGERみたいのが大騒ぎするっていうのはすごい大切なことで。彼なんかもいい意味でバタくさい表現をするし、元々俺はそういうの大好きだから(笑)。

【SOCKS】


やっぱり名古屋っていうとAKの存在がデカくて、どうしてもその影に入ってしまう印象がある中、SOCKSは音楽面で自分節をしっかり作ったし、SOCKS以外誰にも作れない物を作ってるなって気がするから、すごい惹かれてる。

【JAGGLA】


今回出る関西勢は完全に新しい流れを作ってくれてて、JAGGLAはむしろその波に繋げてきた功労者ってイメージ。キャリアも長いから、ステージでもクラウドをコントロールするMCとしてしっかりしてるし、新しい波を押してる感じだよね。

【t-Ace】


Cz TIGERもそうだけど、t-Aceはもう一歩二歩先に行ってて、ファンベースの狂ってる感じが最高だよね。俺らが’90年代にチャラい層を確実にロックしてこっちの味方にしたのと同じで、キャバ嬢をとにかくロックしてる。これを下世話だとかなんとか思ってる奴は一生勝てないっていう話。

【BAD HOP】


BAD HOPはもう何も問題ないね。こないだのワンマンも大成功だったし、WREPでもSKY-HIを凌いで聴取率トップだし、絶対にいてほしいみたいな。

【KEN THE 390】


もう一個外の層に訴えかけてる時期でもあるシーンの現状にものすごくフィットしてるよね。昔はマジメ感が前に出すぎてたけど、今は遊びが増えてて、大きな仕事でもシュアな仕事をするバランス感覚がいいし、ここ最近の楽曲がいいと思うな。

【Weny Dacillo&Pablo Blasta】

去年『ビッチと会う』(DJ CHARI&DJ TATSUKI)をヒットさせた裏にはある程度バックアップもあったと思うんだけど、そこでちゃんとプレイヤーとして全う出来てるっていうことに意味があるよね。Wenyは高校生ラップ選手権に出てきた時から〈フィールドは六本木〉とか高校生のクセに言ってて、その瞬間に「お、後輩」って(笑)。完全に大好きなタイプの奴らだなってその頃から感じてるから、当たり前のブッキングかな。

【SALU】



ここに出るすげえ若手に比べると上の、2010年代の流れ作ってきた一人。元々才能溢れるアーティストだけど、いろんな可能性があるなあと思っていたらもう一皮むけたよね。今の自由なスタイルが好きだし、2018年っぽくもあるかな。

【JP THE WAVY】


JP THE WAVYもまさに今。去年も鳴り物入りで出てもらったんだけど、彼は元ダンサーで、その視点をやっぱりずっと持ってるんだよね。そういう存在が今のシーンにとってはすごい大切だし、そういう人が出ることが必要だよね。

【Jin Dogg】


俺はもう『the Break』が大好きすぎちゃって、毎回DJする時、ほぼほぼかけて、てめえがブースん中で鬼暴れるみたいな(笑)。あの狂暴なトラップ感がいいし、ハードコアとかそっちのファンにまで届きうるものだし、意味のあるアーティストじゃないかな。トライリンガルで思いっきりストリートに入って来てるのもいいよね。

【kZm】


kZmもまさにそうかな。KillaとかYENTOWNもそっち系だと思うけど、そん中でも彼はKillaと別れたこともあるだろうけど、あまり選り好みをしないで自分のフィールドを広げていこうとする感じを俺はすごく買ってる。

【般若】


般若はもう説明不要ですね(笑)。般若はどっからどう転んでも般若なんで。生粋のエンターテイナーと思ってる。

【唾奇】


他のメンツと毛色が違うけどリリシストだし、テクニカルなレベルが高くて、ブームバップみたいなのもトラップっぽいリズムも両方差を感じないのがいい。この前のゲリラライブであそこまで人集めてみんなが歌ってるなんてことが出来てる彼は確実にマストな存在だよね。

【Young Coco】


最近だとアフロトラップっぽい曲が得意で、マスな層までアピール出来そうなタイプのアーティストだけど、もろストリートの空気を持ってるところを買ってる。あと、すげえいい子(笑)。大阪で俺がDJした時、遊びに来て最後まで付き合ってくれたかわいい奴だね。



【イベント情報】 

 タイトル SUMMER BOMB 2018 Organized by Zeebra 

 開催日程 8月18日(土)

開場/開演 12:00 

開催場所 東京都江東区・新木場 Studio Coast 

 公式サイト https://summerbomb.amebaownd.com  

▼MAIN STAGE 

・Awich 

・漢 a.k.a. GAMI 

・Cz TIGER 

・SOCKS 

・JAGGLA 

・t-Ace 

 ・BAD HOP 

・KEN THE 390 

・Weny Dacillo 

・Pablo Blasta 

・SALU 

・JP THE WAVY 

・JIN DOGG 

・kZm 

・般若 

・唾奇 

・Young Coco 

・ Yo-Sea 

・ KIKUMARU & More!! 

▼MC 

・Zeebra 

・LETY from ex.Def Will  

 ▼ DANCE AREA *公式サイトよりエントリー募集中!! 

ダンスバトル 

“BREAKIN CREW BATTLE“ 

[JUDGE] BBOY KATSU1 / FLASH / Original B-BOY CHINO [DJ] MAR SKI [MC] 105

 “HIPHOP DANCE BATTLE”

 [JUDGE] PInO / STEZO / Yusei [DJ] OBA [MC] HORIE HARUKI 

▼DUNGEON STAGE

・Road To Dungeon:テレビ朝日「フリースタイルダンジョン」への出場権をかけたMCバトル 

・バトル解説:DOTAMA / MIRI from RHYMEBERRY(アシスタント) 

 ・GUEST LIVE:DOTAMA / D.D.S / TKda黒ぶち / 黄猿 / MIRI from RHYMEBERRY 

▼ART AREA

cherry chill will.:PHOTO EXHIBITION

*詳しくは公式サイト

続きを見る