DJ HAZIME×アルコ&ピース酒井、「メッシがマラドーナみたいにトロフィー掲げる姿を見たかった!」

東京を中心に90年代から国内外で活躍するレジェンド、DJ HAZIME氏。実は“超”が付くサッカーフリークで、しかも学生時代には読売サッカークラブのジュニアユースに参加するなど、選手としてもガチの実力を持っていた人なのだ。


そんなHAZIME氏にサッカーを語っていただく【NO FOOTBALL, NO LIFE】、今回は佳境に入ったW杯について語り倒すべく、ヒップホップファンでもあり学生時代にガチでサッカーに取り組んでいたアルコ&ピース・酒井健太氏を招聘。酒井氏とHAZIME氏による、W杯総括からのサッカートーク、そして優勝予想まで大盛り上がりの対談をお楽しみください!


■川崎でも治安悪いの一部だけですからね!(酒井)


DJ HAZIME:そういえば酒井さん、日本語ラップがお好きなんですよね?


酒井健太:そうですね。ただ、僕めちゃくちゃにわかですけどね!(笑)。


―以前から好きで聴いてらしたんですよね。最初のきっかけはどのアーティストさんなんでしょうか?


酒井:やっぱり世代的にはジブラさん、キングギドラとかですね。もちろんニトロ(・マイクロフォン・アンダーグラウンド)も聴いてました。


酒井:そういえば、ニトロなんてめちゃくちゃ怖いくないですか?


HAZIME:みんな平和主義者ですよ(笑)。誰かとモメたって話、聞いたことなくないですか? イメージなんですよ、みんな。


酒井:そうなんすね!ニトロでいちばんボケたりするのって誰なんですか?


HAZIME:MACKA-CHINとSUIKEN(笑)。一番ツッコむのはDELIちゃんです。


酒井:えー!おもしろいですね!


―海外モノは聴かれてましたか?


酒井:あんま分かんないですね。(HAZIMEさんが着ていたMOBB DEEP×NASのTシャツを指して)それこそ、こんな奴らに絡まれたら終わりですよ、マジで!


(一同笑)


―戦極MCBATTLEにも出場されてました。


酒井:ラジオ番組の流れで出させていただくことになって。……これもうホント申し訳ないなって(笑)


―何か言われたリするんですか?


酒井:直接はないですけど、芸人がラップやること自体をよく思ってない人もいるみたいで、やっぱり。


HAZIME:そういうのはね、狭いんですよ。じゃあサッカー選手じゃない人がサッカーしちゃいけないのか? って話になってくるじゃないですか。


―確かに!


HAZIME:そういうのが、ヒップホップを今まで狭くしてきたから。「ふざけた奴らが入ってくんな」みたいなのがよくなかったんだよ。


酒井:でもありがたいです、こうやって受け入れてくれてる方もいるんだと思って。


HAZIME:いや、多分そっちのほうが多いと思う。

「本気でやらないとダメ」みたいなのはちょっとつまんない。エンタメだから。面白そうだな?と思ってみんながかじれないんだったら、ちょっとハードル高すぎてつまんないでしょ。


―例えば中学生がコピーバンド組むくらいの感覚で……


HAZIME:そうそう。それくらいの感覚じゃダメなの? っていう。


酒井:お笑いにはそういうこと言う人あまりいないですね。アイドルが出たりしてもなんにも言わないし。

今度サ上さん(サイプレス上野とロベルト吉野)がM-1に出るっていう話を聞きましたよ。AbemaTVの企画かなんかで。


HAZIME:え…吉野、出られるの? ×××××ですけど(笑)

まあ、お笑い芸人さんがラップやることにいちいちガミガミ言ってくるのは、自分が売れてないから。ひがんでるっていうのもあるんじゃない?

「フリースタイルダンジョン」とか出ればいいのに(笑)


酒井:いやいや!怖すぎますよ!(笑)とろサーモン久保田さんですら余裕で負けてましたもん、団体戦で。


―でも育ちは酒井さん、川崎出身ですから・・・。


HAZIME:待って待って。川崎市民が怒らない?(笑)


酒井:マジでそうなんすよ! 散々言われてるんすけど、もっと川崎市民も怒ったほうがいいんすよ!(笑)


HAZIME:川崎イコール不良みたいなさ。(笑)


酒井:一部だけですからね、川崎でも!


■メッシがマラドーナみたいにトロフィー掲げる姿を見たかった!


―酒井さんのサッカー遍歴をお聞かせください!


酒井:始めたのは中1からですね。


―川崎市の選抜チームに選ばれたりしていたんですよね。サッカーを始めたきっかけは?


酒井:小学校までずっと野球やってたんですけど、小3くらいでJリーグが開幕して。「サッカーかっけー」ってなって、野球もやりながらサッカーに。


―今も続けてらっしゃるんですか?


酒井:たまにですね。先輩の土田さんのフットサルチームとかでやらせていただいたりしてます。野球もサッカーもいまだに好きですね。


―当時Jリーグで好きだった選手とかはいましたか?


酒井:祖師谷にあったマリノスの練習場に通ってたんですよ。なので、木村和司とか出始めの中村俊輔とか、あと山田隆裕もめっちゃ好きでしたね。


―海外サッカーだとHAZIMEさんはレアル推しなんですが、酒井さんは?


酒井:僕もレアル好きっす!


HAZIME:なんと! 珍しい。


酒井:昔からレアル好きですね。


HAZIME:周り、バルサ好きばっかりじゃないですか?


酒井:ですね。でもバルサよりレアルですね。


HAZIME:珍しいですね。3人目です、周りで。


酒井:少ねえー!(笑)。僕、ジズー(ジダン)から入ってるんで。


HAZIME:同じです!チャンピオンズリーグ決勝の“アレ”観てから。知ってはいたんですけど、レアルってやっぱイカれてんな! って。あれから完全にレアルのファン。


酒井:あのレバークーゼン戦(※2002年CL決勝)での左ボレーですよね? あれ最高っすよね!


―今回のワールドカップではスペイン代表は残念でしたが……やはり応援していましたか?


酒井:いや、スペインはあんまっすね(笑)代表になると……。


―どこを応援してましたか?


酒井:うーん、ブラジルとかアルゼンチンに勝ってほしかったっすね。メッシがトロフィー掲げてる姿とか見てみたかった。


―HAZIMEさんも全く同じことおっしゃってましたね(笑)


HAZIME:ぶっちゃけ日本代表が優勝できないなら、どこでもいいんですよ。


酒井:あ、僕もそうですね!


HAZIME:で、強いて言うならメッシを真のチャンピオンに。っていうか“英雄”にしてあげればいいのに今年くらいは、みたいな(笑)


酒井:いや、マジでそうです。マラドーナとダブるように、こうトロフィーを……見たかったっすね!


HAZIME:でもレアルが好きだからって、ポルトガル代表を応援する気にもあんまりならないですね。


酒井:確かに、そうっすね。


―メッシがPK外したのは残念でしたね。


HAZIME:いや、どっちにしても早々に負けてたでしょ。監督(ホルヘ・サンパオリ)がバカすぎてダメ(笑)


酒井:チグハグしてましたね。


HAZIME:あんなダメな代表監督いるか!? ってくらい(笑)。

もっとちゃんとできたはず。ヨーロッパの監督がやったほうが、もっといけたんじゃないかっていう。


■“クリンスマンジャパン”って、むちゃくちゃ強そう(笑)(酒井)


HAZIME:日本が負けて応援する国がなくなっちゃったじゃないですか? すごい残念ですけど、でも気楽に観るワールドカップって、すごい楽しくないですか?(笑)


酒井:あ、すげー分かります!


HAZIME:で、なんかヒリヒリもハラハラもしないし、テキトーに酒飲みながら「あ~ブラジル……」みたいな(笑)。昨日もDJ終わった後にハコで観てて「あ~すげえ楽しい」と思って。


酒井:“にわか”も去ってく感じですよね(笑)。日本の旗捨てて「ハイ、終わりって」帰ってく中、俺だけ観てる、みたいな。ベルギー戦の後ってどうだったんですか?


HAZIME:朝、テレビ各局が“今の渋谷の様子”って中継してたけど、割とフツー(笑)


―では、今回の日本代表はどうでしょう。正直ここまで勝つと思ってましたか?


酒井:そうですねえ。まあ西野監督が優秀ってことなんですかね。

なんか、ああいうときの日本代表って強いですよね? 岡田さんの時もそうですけど、一丸となるんですかね。


HAZIME:僕の意見ですけど、日本人監督がいいっていうのは、この連載でも言ってきてるんですよ。外国人監督が言ったことを通訳を通訳を挟んでどうこうするより、もう日本もサッカーの歴史かなり長いじゃないですか。指導者もバカじゃないんだから、けっこうちゃんとイケると思うんです。だから結局、日本人監督が直接伝えて、言葉のテンションとかもあるじゃないですか?


酒井:きっとニュアンスとかもありますもんね。


HAZIME:で、それを選手がちゃんと理解してプレーすれば、ベスト16くらいは行けるんだなあって。西野監督じゃなくても、それなりに行ったんじゃないかと。だから次は(ユルゲン・)クリンスマンとかじゃなくて、名波(浩)とかにやってほしいんですよ、代表監督。


酒井:クリンスマンもすげえ見たいっすけどね(笑)だって“クリンスマンジャパン”って、むちゃくちゃ強そうじゃないすか?

めちゃくちゃ強いですよ、名前だけだったら(笑)


HAZIME:強そうだけで言ったら“バティストゥータジャパン”も良くない?戦術、ナシ! とりあえず前へ!!


(一同笑)


―ベルギー戦で2点先取した後、あっという間に逆転されたときはどういう心境でしたか?


酒井:2点獲ってもやられるかな、とは思ってました。2-0は戦い方って難しいですからね。


HAZIME:でも俺、あと10分だけ粘れてたら、DFが退かずにライン5m高いまんまあの猛攻を10分だけ耐えられたら、もうちょっとベルギー焦ったんじゃないかな? って。


酒井:確かに。


HAZIME:しかもあれ、超ラッキーゴールだったじゃないですか? ああいうのって勢いつきません?


酒井:いやマジで、あれ無かったって考えると、そうですね。


HAZIME:でも涙も出てこなかったですけどね、「やっぱりな」みたいな(笑)。1点獲られた時点でもう。


酒井:夢見ましたけどね(笑)


HAZIME:どうすんだろ、次ブラジル戦じゃん!? みたいな(笑)


酒井:選手たちも思ったのかなあ、一瞬(笑)


HAZIME:まあ、ああやってバタバタっと入れられちゃうとね……。まるでドイツ大会のオーストラリア戦みたいな。


酒井:ああ…まさにあの感じでしたね。


■クリロナと一緒じゃないと、こんなに輝くんだね!っていうレアルの選手、多くない?(HAZIME)


―酒井さんは誰に注目してましたか?


酒井:柴崎選手はめちゃくちゃ良かったですね。酒井宏樹選手もすげー良かった! あと、乾選手とか原口元気選手とか、昔はあんなにワガママで監督とケンカしてたような選手たちが、コロンビア戦とかで「ちゃんと守備してる!」っていう。泣きそうになりましたよ。大人になったなあと思いましたね。


―ではHAZIMEさんの注目は?


HAZIME:中村航輔。


酒井:めちゃくちゃ良い選手ですよね。


HAZIME:僕ずっと「絶対に中村航輔にすべきだ」って言ってて。こんなの禁句ですけど、「もし中村航輔だったら」っていうのは観てみたかったです。出てた選手で言えば乾が好きなんで、活躍できて良かったなって。


―ではグループリーグから通して、一番印象的だった試合は?


HAZIME:とりあえず日本・ベルギー戦はぶっちぎりで良かったっす。


酒井:いい試合でしたねえ。


HAZIME:負けちゃったけど、やっぱ面白かったなあと思って。あと、グループリーグ初戦のスペイン・ポルトガル戦も。イケイケの奴らが適度な緊張感の中で戦りあうとこんなんなるんだ! と思って。


酒井:すげえレベル高かったなあ、あれ。フランス・アルゼンチン戦も良かったっすね。


―逆に一番ビックリした試合は?


HAZIME:コロンビア・日本(笑)。あと開幕戦っすね。ロシア強っ! サウジ弱っ! って。

酒井:韓国・ドイツとかも良かったすね。なんか意地みたいなものを感じました。普段はライバル関係だけど、めちゃくちゃ応援しちゃいましたね、韓国。


―今大会で改めて印象に残ったな、という選手はいますか?


酒井:う~ん、やっぱモドリッチが改めてスゴいなって。あの人なんでもできる。なんかサッカー哲学がめちゃくちゃしっかりしてるって感じ。


HAZIME:三杉くん(『キャプテン翼』の三杉淳)みたいですよね(笑)。

あと、クリスティアーノ・ロナウドと一緒じゃないと、キミたちってこんなに輝くんだね! っていうレアルの選手、多くないですか?


酒井:それめっちゃ分かります!


HAZIME:あんなに生き生きしてるセルヒオ・ラモス見て、「さらにリーダー感、増してるね!」「そうだよね、フリーキック蹴りたいよね!」って(笑)


酒井:できんだもん! っていう。


(一同笑)


HAZIME:モドリッチもレアルのときよりさらにキラキラしてません? なんかスゴかった。


酒井:やっぱ自信があんだろうな、たぶん。キャプテンだから責任もあるんだろうけど。


HAZIME:あと岳も! やっぱ通用するなって感じしましたね、改めて。


―今大会いかがでしたか?


HAZIME:4年前より楽しくないですか? 日本が勝ち進んだからかな。


酒井:なんか面白く感じますよね。


HAZIME:気楽に楽しく見れてるなって感じが。結構“うっかり系”が多いからですかね? スペインが負けちゃったり、スウェーデンが勝ち上がったりとか。なんか「スポーツって良いな」的な何かがあるからかもですね。


酒井:ちょっとドラマ多めというか、観てて楽しい。


HAZIME:改めて「サッカーって楽しいな」って感じですね。

続きを見る