BES & ISSUGI x DJ NOBU a.k.a. BOMBRUSH!対談『今聴いている人の頭にないものをブチ込む感じが絶対良いと思う』

今年2月に発売された日本屈指のラッパー・BESとISSUGIによるジョイントアルバムは、率直にどの様に作られたのか。今注目の海外のアーティストは?ISSUGIが「くそヤバいと思った」ビートメイカーとは誰なのか。二人が影響を受けた「オールタイムフェイバリットなラッパー」とは誰なのか?


BESの次回作で意外なビートメイカーとの楽曲制作!? ISSUGIがリアルタイムで聴いているアーティスト等、現役のラッパーやビートメイカー・DJにも是非とも参考にしてほしい濃い内容となった。


BES & ISSUGIのそれぞれの新譜チェックの方法、今後の活動やリリースライブの予定・リスナーへの思いをDJ NOBU a.k.a. BOMBRUSH!ならではの観点で直撃した貴重なインタビュー。

DJ NOBU a.k.a. BOMBRUSH!: このジョイントアルバムのプロジェクト始動のきっかけは?


BES: 自分の作っていた懐かしいのから新しいのまで外人のビートジャックしてストリートミックスのブレンドで新しく書いたのをCDにして出そうとDOPEY君と俺とISSUGIでやってたんですよ。


配信が出来ないので自費で買うしかない売れるかもしれないと思って行ったら流通しか出来ない言われて頓挫しちゃった時に曲とリリックがあるのにどうしようってなって。


DJ NOBU a.k.a. BOMBRUSH!: アルバム制作のやり方的にはイレギュラーな進め方なのかもですね。でもアルバム聴いててこの為だけに作ったのかと思いました。


ISSUGI: それで最終的にはこの1枚の為に纏めていきました。


DJ NOBU a.k.a. BOMBRUSH!: 纏める技術凄いですね。最初に出来た曲はどの曲ですか?


ISSUGI: 一番最初に録ったのは『BIL pt3』とか 『EYES LOW』とか、そこらへんは結構早いですね。その時はまだ外人のインストのビートジャックって感じです。だから皆が聴いてるALBUMの曲のビートは違うんですよね。


DJ NOBU a.k.a. BOMBRUSH!: GWOP SULLIVANが何曲も手がけていますよね。どんな方で元々は何処で繋がったんですか?


ISSUGI: D.I.T.C.『DITC studios』(2016)のALBUMとO.C.の去年出したアルバム『SAME MOON SAME SUN』(2017)のアルバム聴いて、そこにプロデューサーとして参加してた Motif Alumni と Gwop Sullivanのビートがくそヤバいと思ったんですよね。それで連絡してビートを使うようになりました。

DJ NOBU a.k.a. BOMBRUSH!: 相性めちゃくちゃいいですよね。ソロと違ってジョイントアルバムではセッションの要素も多いと思うけど、どの部分をオッケーなラインにしているのですか?フックをどっちが作ってテーマはどっち決めてとかは曲ごとに違うのですか?


ISSUGI: テーマとかは決めていないで、殆どの曲を作っていたので。


BES: 同時に書いて出来上がった方が録って。


DJ NOBU a.k.a. BOMBRUSH!: HIPHOPな作り方ですね。KANDYTOWNも前に話し聞いたら色や絵を見て皆んな自由に書いて行く、みたいの聞いたけど化学反応が起こって面白いですよね。


あとISSUGIは多作ですよね。ずっと作ってるイメージある。それって全部それ用に作ってるのですか?それとも常に作って振り分けてたりするんですか?


ISSUGI: 一枚のアルバムに対して作ってます。何枚かのアルバムは同時に作っているので、枝みたく毎日少しずつ何方向かに伸びて行ってる感じですね。


DJ NOBU a.k.a. BOMBRUSH!: 凄い!過去に二人で作品も出してますよね?


ISSUGI: ありがとうございます。去年、BES君の3rd ALBUM『THE KISS OF LIFE』を丸々自分がリミックスした『16FLIP VS BES "DEFINITION OF THIS WORD』っていうALBUMをリリースしました。


自分的にはSEEDA君の『花と雨』をリミックスした16FLIP VS SEEDA『ROOTS & BUDS』をやったぶりのフルリミックスだったので作ってて超楽しかったです。


DJ NOBU a.k.a. BOMBRUSH!: BES君もこの数年活発ですよね。今後どんな感じなんですか?

BES: 今もう新しいの作っています。アルバムまで行くか分からないですけど


DJ NOBU a.k.a. BOMBRUSH!:トラックとかは誰が作っているんですか?


BES: LIL YUKICHIとか。


DJ NOBU a.k.a. BOMBRUSH!: BES君とLIL YUKICHI聴きたいですね。 ちなみに最近二人が聴いている音楽は?


ISSUGI: PRHYME2とか、こないだ出たNIPSEY HUSSLEとかチェックしてました。あと今日NOBUさんに会ったら好きそうだなと思ったから絶対言おうと思ったんですけど、最近出たShowbizの新しいヤツとかもヤバくないですか?ジャケもかっこいい。

DJ NOBU a.k.a. BOMBRUSH!:ジャケはイナたいんだけど、内容はそんなにイナたくないスタイリッシュな現行NYの音って感じがしますよね。ShowbizもO.Cも新譜かなり好きでした。


ISSUGI: このアルバムで初めて聴いたんですけど、DAVID BARSってラッパー沢山入ってますよね?そいつもカッコいいなと思った。


DJ NOBU a.k.a. BOMBRUSH!: 超かっこいい。Showbizのアルバムは俺もISSUGIも激PUSHです。


ISSUGI: オレらのアルバムと合わせて一緒に聴いてほしいです。俺、D.I.T.C.の歴史上今が1番カッコいいと思ってるんで。90年代の時より00年代の時より今が全然やばい。   


DJ NOBU a.k.a. BOMBRUSH!:本当にヤバイ。特にShowbizの音はこの数年進化しまくりですよね。


ISSUGI: アップデートされてる感じがキレキレですね。


DJ NOBU a.k.a. BOMBRUSH!: ではBES君は最近どんなの聴いていますか?


BES: FAT JOEの昔の奴とかですね。『Don Cartagena』とか。


DJ NOBU a.k.a. BOMBRUSH!: あの辺の俺も大好き。そしたら2人のオールタイムでフェイバリットなラッパーは?


ISSUGI: USだったらRaekwonとProdigyは常に好きですね。


BES: 俺もRaekwonですねあとGhostface Killah。


DJ NOBU a.k.a. BOMBRUSH!: BES君はモロWU(Wu-Tang Clan)なんですね。


BES: 好きなんですけどBOOT CAMP CLICKも同じくらい好き。どちらかというとBOOT CAMP CLICKよりだったですね。最初はウータンだったんですけど。


DJ NOBU a.k.a. BOMBRUSH!: どちらも最高ですね。音楽自体は二人とも何でチェックしてますか?


ISSUGI: 何でもですねレコードもCDもApple MusicとかSoundCloudも。


BES: 俺はひたすらYouTubeですね。


DJ NOBU a.k.a. BOMBRUSH!: 話してると若い世代はYouTubeでチェックする人めちゃくちゃ多いですよね。どういう感じで曲探して行くのですか?


BES: 俺はBOOT CAMP CLICK押してそのままどんどん探して行く。


DJ NOBU a.k.a. BOMBRUSH!: なるほど。かなり深い所まで行きそうですね。話飛んじゃったけど、今回のアルバム制作で苦労した事はある?

ISSUGI: 曲自体は全部サクッと作れました。強いて言うなら発売日が決まってたので、それまでにマスタリング含めた全行程を出来るか?っていう所でした。結果1週間遅れちゃいました(笑)。


BES: ある程度スタイルもお互いに確立していると思うのでサラっと出来ました。


DJ NOBU a.k.a. BOMBRUSH!: 生みの苦しみも特になく?お互いのスタイルに理解あって、更に相性も良いんだろうね。アルバム聴いて納得です。


ISSUGI: 今までで一番早く作れたアルバムかもしれないです。早かったです。一緒にいるとリリックも早く書ける。


DJ NOBU a.k.a. BOMBRUSH!: 相乗効果ってやつですかね。今後ライブを二人で回ってたりしますか?


ISSUGI:これから何カ所かリリパとかもやりつつ。


DJ NOBU a.k.a. BOMBRUSH!: 二人でライブって今までやってました?


BES: 俺のライブの中でとかISSUGIのライブの中で一曲やるとかそう言った事はありましたけど。


DJ NOBU a.k.a. BOMBRUSH!: 二人でがっつり回るのが初めてなら楽しみですね。ファンは絶対観たいと思います。最終的に着地点とかは決まっていますか?


ISSUGI: 5/5に池袋BEDでリリパが決まっています。その前にも4/28(北見)、4/29(旭川)がありますね。


DJ NOBU a.k.a. BOMBRUSH!: 楽しみですね。お互いをラッパーとしてどういった所がカッコイイと思っていますか?


ISSUGI: 魅力を1カ所に限定するの難しいですね、やっぱ全体として、ラッパーとしてみた時、イケてるなって思える所です。あとは聴いてる人も感じてるとおもうけどBES君の詩は聴いててスカッとするし勇気づけられると思います。


それは音楽やっている人も普通の仕事している人にも同じ普遍な感じというか。あとはラップの上手さと声。


BES: 昔からカッコよかった。BEDでずっと同じイベントに出ていて進化して行ってDOWN NORTHに関しては本当に凄いと思った。


DJ NOBU a.k.a. BOMBRUSH!: DOWN NORTHは本当に凄いですよね。リリース量や熱量もそうだし、同じ事を貫いている系と思いきや常に進化して行っている。さっきのShowbizと一緒で。同じ事をやり続けちゃう人も多い中、BES君の前のアルバムも凄く意外だなぁと思いました。


カニエもそうだけど予想の1つ2つ先を行くみたいな所にHIP HOPを感じますよね。


ISSUGI: 有り難いです。自分は変わらずDOWN NORTHの音楽担当でいたいですね。あと、去年くらいからDOWN NORTH以外でも、自分個人がカッコいいと思うアーティストを自分たちのレーベル"DOG EAR RECORDS"から率先してリリースしていけたらと思って動いていて、そういう意味でも1歩より広いレーベルの役割を果たせたらって感じでやってます。やっていて面白いんですよね、わくわくするというか。


NOBUさんが言ってくれたみたいに、リスナーの一つ先を行って「こんなのヤバくない?」みたいな感じで聴いている人に新鮮な気持ちを与えたいですね。


DJ NOBU a.k.a. BOMBRUSH!: 絶対にそうだと思う。

ISSUGI: 今聴いている人の頭にないものをブチ込む感じが絶対良いと思うんですよね。


DJ NOBU a.k.a. BOMBRUSH! :超HIP HOPで最高です!


Interviewer: DJ NOBU a.k.a. BOMBRUSH!

Photography & Text by MITSUGU SHIMAMURA


BES & ISSUGI - 『VIRIDIAN SHOOT』

【TRACK LIST】

1. ALBUM INTRO / Prod by 16FLIP

2. SPECIAL DELIVERY / Prod by GWOP SULLIVAN

3. NO PAIN MO GAIN / Prod by GWOP SULLIVAN

4. GOING OUT 4 CASH / Prod by GWOP SULLIVAN

5. NEW SCHOOL KILLAH / Prod by 16FLIP

6. 247 / Prod by BUDAMUNK

7. RULES / Prod by GWOP SULLIVAN

8. BIL pt3 (feat. MICHINO) / Prod by GWOP SULLIVAN

9. EYES LOW / Prod by 16FLIP

10. HIGHEST (feat. MR.PUG, 仙人掌) / Prod by GWOP SULLIVAN

11. VIRIDIAN SHOOT / Prod by GWOP SULLIVAN

12. SHEEPS / Prod by DJ SCRATCH NICE & GRADIS NICE

13. BOOM BAP / Prod by DJ SCRATCH NICE

14. WE SHINE / Prod by GRADIS NICE<BONUS TRACK>

15. GOING OUT 4 CASH REMIX / Prod by GWOP SULLIVAN

16. SPECIAL DELIVERY REMIX (feat. MR.PUG) / Prod by GWOP SULLIVAN

「BES & ISSUGI『VIRIDIAN SHOOT』 & Mr.PUG『DOPEorNOPE』DOUBLE RELEASE PARTY supported by CARHARTT WIP」 

日程:2018年5月5日(土・祝) 

会場:池袋BED 

OPEN 22:00 DOOR / ¥3,000 1D ADVANCE TICKET / ¥2,500 1D + BONUS CD 

RELEASE LIVE: BES & ISSUGI Mr.PUG (feat 仙人掌,MICHINO,Eujin KAWI) 

LIVE: 弗猫建物 

BEAT LIVE: CRAM ENDRUN DJ: BUDAMUNK DOPEY JUCO GQ TRASMUNDO DJs YODEL & CHANGYUU

続きを見る