『SMASH HIT』新MCにとろサーモン、須藤凜々花 番組オーガナイザー・AK-69「良い意味でヒップホップだけの枠にとらわれないようにしたい」

4月から新シーズンの放送を開始する『SMASH HIT』の新MCにお笑いコンビ・とろサーモンと、須藤凜々花が決定した。

『SMASH HIT』は「人気ラッパー×スゴ腕音楽プロデューサー」がタッグを組み 「スマッシュヒットを飛ばせる」AbemaTVオリジナルのHIPHOP楽曲を作り上げる番組として2017年10月に放送。最強のHIPHOP楽曲を作るべく互いのプライドかけて【漢a.k.a.GAMI × MINMI】VS【DJ IZOH × SWAY】 【DJ PMX × KEN THE390】VS【AK-69 × MC TYSON】 の4チームが激突し、最後に50人のヒップホップファンと、51人の一般人で構成された101人のオーディエンスの前でラッパーとプロデューサーは完成した楽曲をスタジオで生ライブし、観客による審査によって勝敗が決まった。

今回『SMASH HIT』新シーズンが4月から始まることを記念して、2月14日(水)夜12時30分から1stシーズンの振り返り放送が決定。今回の振り返り放送では、番組オーガナイザーのAK-69と新シリーズのMCを務めるとろサーモン、須藤凜々花による副音声が楽しめる。


<AK-69コメント>

「こうやってお茶の間に浸透しているとろサーモンさんや、りりぽん(須藤凜々花さん)が来て、ヒップホップに関わってくれること自体がまずすごい進歩でヒップホップの革命になりそうだな、という感じがしました。あと自分はテレビに慣れていないので、お三方を見てすごく勉強になりました。

番組の見どころはもちろんバトルなのですが勝ち負けというところよりも、その楽曲がどうやってできて、どういうことを伝えたいのかを追っている裏側を見て欲しいです。

アーティストとして出る側はもちろんラッパーが中心になると思いますが、良い意味でヒップホップだけの枠にとらわれないようにしたいな、と。プロデューサー陣はヒップホップ以外のプロデューサーさんが来てくれて、そこで化学反応が起きたり、ヒップホップのお客さん以外にも見てもらえる幅広いもの(番組)になっていったら良いかな、と思っています。」

続きを見る