次世代ラッパーよ、RYUZOとKダブシャインに挑め!『ラップスタア誕生!』シーズン2がスタート

次代を担うラッパーを日本中から発掘するオーディション番組「ラップスタア誕生!」のシーズン2が2月8日(7日深夜)12時からスタートする。

昨年5月から始まった「ラップスタア誕生!」シーズン1のオーディションには、全国から多くの強者が名乗りを上げた。そして200名超のラッパーの中からHUNGER、ANARCHY、SEEDAといった豪華審査員たちに認められ、見事優勝を果たし賞金300万円を手にしたのは、沖縄出身の実力者・DAIA。

そしていよいよ迫ったシーズン2について、主宰のRYUZOと審査員長のKダブシャイン、さらにDAIAが解説するプレ番組も放送中。RYUZOは「シーズン1は様子を見てる奴も多かったと思う。でも今回は“こういう風に審査されるんだ”っていうのを見て挑んでくる奴がいるはず」と、さらなる応募が殺到することを推測する。

Kダブも「DAIAを見て“あいつくらい出来れば300万獲れるんだ”って思ってる奴とかね。基準ができたから」と同意したが、RYUZOは「レベル高い! と思って(応募が)減るかも?」と、DAIAクラスのラッパーの登場に期待している様子だ。

当のDAIAは「自分のやってきたことを(オーディションでも)やったほうがいい。それ以上のことをやろうとしても出来ないと思う」とアドバイスしつつ、「(この番組を)知ってて挑戦しない意味が分からない」「バトルと違って1曲が300万になる」と鼓舞。さらに「ちなみに俺は(エントリー曲を)2日で書いたぜ」「あんな1バースくらい5分で書けるからよ!」と勝者の貫禄を見せつけた。

シーズン1にはNAOtheLAIZA、DJ PMX、I-DeA、DJ KM、DJ WATARAI、LostFace (BCDMG)というレジェンド級のトラックメーカーが参加したが、今回もChaki Zulu、DJ MITSU THE BEATS、estra(a.k.a. OHLD)、理貴、Automaticという現役バリバリの豪華な面々がトラックを提供。若い世代にも訴えかけるフレッシュな顔ぶれに期待が高まる。

「ラップスタア誕生!」シーズン2のオーディションは、2月17日(土)23時59分まで参加者を募集中。我こそは! と思うラッパーは応募を急げ!!





続きを見る