「不倫報道って誰が楽しいの?」YZERR、週刊誌に疑問を呈す

1月23日にWREPで配信された番組「#リバトーク」で、BAD HOPのYZERRが小室哲哉などの不倫報道について語った。


YZERRは不倫報道に対して「結局あれって誰が楽しんでるのかな?」と疑問を持っているという。多くの人は「不倫が良くない!」「けしからん」と糾弾するが、YZERRはそもそも「正しさ」の基準に疑問を持っているようだ。


「俺が学生だった頃、よく先生に制服のボタンを閉めてないからって注意されたんだよ。でもさ、その先生の後をつけていくと、横断歩道で赤信号を無視して渡ったりしてるんだよ。それってどっちが正しいの? っていう」と矛盾点を突く。


さらに「人は誰しも人に言えない部分を持ってるじゃん。週刊誌の人とか、不倫がダメだって言う人たちが正しい生き方をしてるなら、不倫をダメだっていうのは分かるよ。ゴミの分別を毎回しっかりしてるとかさ。でもきっとそうじゃないじゃん。だったら別に(他人の不倫を批判しなくても)よくないか?」と自分の感覚を話した。


しかしそう話した後、あまりに真面目に社会問題を語りすぎたことに照れて、「今日のラジオ、なんなの?」と自らにツッコミを入れていた。

続きを見る