サイファー動画、90年代の曲でラップ…2018年、BAD HOPに挑戦して欲しいこと #リバトーク

2018年最初の「#リバトーク」が1月9日に配信された。今回はトークテーマである「2018年、BAD HOPのメンバーに挑戦してもらいたいこと」を中心に、さまざまなアイディアの議論が行われた。


まず最初に読まれたのは「リスナーが選んだビートでBAD HOPのメンバーがビートジャック」というもの。YZERRは「ちょっと前だったらテカシ(6ix9ine a.k.a TEKASHI69)とかだよね。『GUNMMO』のビートでBenjazzyがシャウト風にやったり。あとLIL BABYの『My Dawg』とかもいいかもね」など、どんどんイメージを膨らませていく。YZERRは最近「#リバトーク」のマンネリ化を懸念しているようで、「これ(『#リバトーク』で)来週から募集してみる? 2〜3週しか続かないと思うけど」と提案。さらに「来週は『#リバトーク』の新企画をトークテーマに送ってもらうことにしよう」と話した。


また「90年代の曲でラップしてほしい」というアイディアも寄せられたが、YZERRは「90年代のビートを90年代のフロウでやったら、ただ90年代の曲をやってるだけになっちゃうから面白くないよね。やるんだったら2018年の感覚を取り入れないと」と面白い提案をどんどん加えていく。Benjazzyも「最近はCardi Bがブルーノ・マーズと一緒にそういう感じの曲(Bruno Mars『Finesse (Remix) Feat. Cardi B』)やってたし、いいかもね」と付け加えた。


さらに「BAD HOPのサイファー動画が観たいです」という案には、BAD HOPメンバー全員が乗り気の様子。YZERRは「サイファーだけど作り込みたい。もともとあるヴァースくらいちゃんとした感じ。でも、もうちょっとラフな感じに仕上げる。日本のフリースタイルっていうと、即興でどれだけ韻を踏むかみたいな感じになっちゃうじゃん。そういうのじゃないほうがいい」と提案した。T-Pablowも「海外のフリースタイルとかサイファーはそういう感じだもんね。(作り込んだサイファー動画を出したら)『即興じゃない!』とか言われそうだけど」と苦笑する。


さらに番組では、おなじみのリスナー“みーちゃん”から届いた「BAD HOPのサイトを作って、会員限定の音源やブログを公開してほしい」というメールに、T-Pablow&YZERRが「ブログ書きたい!」と好反応。意外にもYZERRは、ウェブ上のあらゆる表現形態の中でブログが一番好きなのだそうだ。忙しいBAD HOPメンバーたちだが、2018年はもしかしたらブログをメインに据えたウェブサイトが立ち上がるかも!?

続きを見る