韓国のヒップホップはスゴい!ハマってるのは2NE1のCL、Keith Ape、Okasian!【木村”フィリップ”ミノルのdopeなラップトーク#7】

さる9月18日、さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナにて開催された『K-1 WORLD GP 2017 JAPAN~初代ウェルター級王座決定トーナメント~』にて、久保優太選手と対戦した木村ミノル選手ですが、結果は残念ながら3R判定負け。いつも以上に気合を入れて臨んだ試合だっただけに、相当落ち込んでいるのでは?なんて考えつつ、インタビューをスタートしましたが、そんな心配は無用だった様です。それどころか前回の試合をきっかけに、大きな心境の変化があったとのこと。それでは『木村”フィリップ”ミノルのdopeなラップトーク』どうぞ!


■打ち合わせ中の漢さんが意外だった(笑)女性って強い

ミノル:この前、Abemaでやってた「SMASH HIT(※)」にMC TYSONが出てたじゃないですか?僕、実は高校を卒業した後に、土木関係の現場仕事で東京に行くためのお金を貯めていたんです。その頃聴いていたのがMC TYSONの「I HAVE A DREAM」。

※人気ラッパー×スゴ腕音楽プロデューサーがタッグを組んで 「スマッシュヒットを飛ばせる」AbemaTVオリジナルのHIPHOP楽曲を作り上げる企画


MC TYSON 「I HAVE A DREAM」

――現場仕事をやられてたんですね!さすがっす!人に歴史ありって感じですねえ。

ミノル:この曲のリリックもそんな感じの内容なんですよ。で、試合が終わった後にインスタを眺めてたら、TYSONさんからメッセージが来ていたんです!


――スゴい!ミノルさん、引き寄せますよね。仲良いんでしょうか?

ミノル:いえ。その時は繋がってなくて。元々は弟さんが、僕がTYSONさんの曲を聴いていることを知ってくれたらしくて。そうそうTYSONさんでいうと「ONE」って曲も好きですね。普段からよく聴いています。内容的には「俺がナンバーワン」的な。TYSONさんは住之江の方なんですが育った環境がハードらしいです。


――TYSONさんは「SMASH HIT」でも、カッコ良かったですよね。バックグラウンドも、アーティストとしての方向性も、乗ってる車(※キャデラック エスカレード)もハードで。

ミノル:「SMASH HIT」って、曲そのものも良いけど、制作してる風景が良いですよね。今回TYSONさんと組んだAK(-69)さんも本当に良く僕の試合に来てくれるんです。ラッパーの中では、もしかすると一番僕の試合を観て下さってるかも。


――漢さんとMINMIさんはアフロビーツなラブソング。あれも相当良かったですよね。

ミノル:良かったすねえ。意外だったのが打ち合わせ中の漢さんの姿っすね。言い方は悪いけど、ガンガン意見を言うMINMIさんに若干飲まれてる感じで。女性って強いっすよね。漢さんを前にしたら、男の人だったら「ハイ」で終わりますよ(笑)

――相変わらずAbemaTVをチェックしてくださっているんですねえ。

ミノル:僕テレビつけてないですもん(笑)。テレビ番組ってウソっぽいものも多いじゃないですか。Abemaはお笑いに関しても、何に関しても本当で、ウソがなくてイイすね。


――そこまで言ってくださるとは!本当にありがとうございます。ちなみに他に気になる番組って何かありますか・・・?

ミノル:UZIさんがテキーラを飲みながら、僕の試合を見てくれてた番組(※)ですかね(笑)。あとはヒップホップのPVを流してる番組。あれはもう、本当にずっと見てます。もちろんDJ番組も見てますよ。本当にずっと付けっ放しにして、BGMがわりにしてますね。

■Keith Apeのぶっ飛んだ感じは好き。それにしてもCLはカワイイ(笑)

――最近の新譜で気になるものってありましたか?

ミノル:ハマってるところで言えば、2NE1のCL。韓国の女性ラッパーですね。元アイドルってこともあって、割とヘッズはスルーしがちだと思うんすけど、聴くと思った以上にカッコいい。<韓国のニッキー・ミナージュ>って呼ばれてるんですよ

――どの辺りに魅力を感じるんでしょうか?

ミノル:曲も良いんすけど、カワイイんですよ!アジア人だけど、良い感じに「ムチっと感」があって(笑)。


――間違いない!女性としての魅力もある、と。しかし韓国のラップとかもチェックしてるんですね。

ミノル:ですね。Keith Apeのぶっ飛んだ感じは好きだし、あとはOkasianとか。それにしても韓国のラップは再生回数がエグいすよね(笑)。日本のラッパーは国内で流行させようとすることが多いですけど、韓国は世界に認められようとしてる。英語で出来るのもデカイですからねえ。そうなってくると数字的に差が出てきたりするのかも。その辺も含めて面白いなあと思いながら見ています。

――かなり分析的な視点で見たりもしてるんですね。

ミノル:まあまあその辺の話は置いといて。それにしてもCLはカワイイ(笑)。元々いたアイドルグループを抜けて、こっち方面に行ったのもイイですね。元々はBIG BANGのライブに出てて、G-Dragonとコラボしてる曲があって、それで知ったんです。で、ハマるきっかけになったのがDiploとの「Doctor Pepper」すね。めちゃめちゃ耳に残るんですよ。ラップもカッコいい

――Diploとかも聴くんですねえ。

ミノル:かっこいいし全然聴きますね。ファッション的にも好きです。


――あと忘れちゃいけないのが、BAD HOPのニューアルバムですね。あれは凄まじくカッコ良いいですよね!

ミノル:カッコいい!YZERRくん、顔面にタトゥーを入れてましたね。


――最近はBAD HOPクルーとは交流ありますか?

ミノル:試合の前と終わった後に連絡を取りましたね。Zeebraさんも、お仕事が終わった後に会場にいらっしゃる予定だったんですが、僕が一回戦で止まっちゃったので。結局来ないことになって。


――ちなみにBAD HOPの方々とはどんなやり取りを?

ミノル:Pablowくんはいつも励ましてくれます。嬉しいですね。


――BAD HOPの最新PVはアニメを使ってましたよね。

ミノル:そうそう!歌詞もついてて。良かったですね。アニメといえば、ゆるふわギャングもPVにアニメを使ってましたね。TVゲームのパロディーとかもしてて面白かったです。

ミノル:実はさっきから思い出したい曲があるんですけど、あと一歩のところで出てこないんすよ・・・。なんとか思い出したい。BAD HOPのラジオでも紹介されてたんすよね。結構イケてて。

――おお!コダック・ブラックですか!これまで木村さんが紹介してくれた曲とはテイストが違う感じですね。カワイイ系というか。

ミノル:…多分試合から少し離れたからだと思います(笑)。割と人生の場面と気にいる曲がリンクしちゃう方なんで。もちろん「ヒップホップ」というところはブレないですけどね。


――PVも2Dアニメと実写を融合していてカワイイ感じですね。

ミノル:BADHOPとかゆるふわギャングもそうですけど、PVにアニメを使うのが流行ってますよね。僕はYouTubeで新曲を探すことが多いので。映像のクオリティが高いPVを見ると反応しちゃいます。もちろん曲単体としても楽しんでるんですが、映像も含めて一つの作品というか。そんな風にも思っています。


――スヌープとかもPVにアニメを使ったりしてますもんね。他に海外アーティストでハマってる曲ありますか?

ミノル:(食い気味に)Fetty Wapの新曲すね!「There She Go」。これは結構聴いてるっすね。気持ち良い。こうやって話してると、ここ最近聴いてた曲のことを、だんだん思い出しますね(笑)

続きを見る