AWICH、kiLLa、A$AP Twelvyy、YOUNG M.Aら超豪華メンバー出演 「HOT 97 SUMMER JAM TOKYO 2017」レポート

新木場STUDIO COASTにて11月11日(土)、ニューヨークのラジオステーション<HOT 97>が主催するビックフェス「HOT 97 SUMMER JAM TOKYO 2017」が開催された。

<HOT 97>は世界のヒップホップ・R&Bシーンにおいて、もっとも影響力のあるラジオステーション。そして「HOT 97 SUMMER JAM」は、1994年から約24年にわたりニューヨークで開催されている全米最大級の音楽フェスだ。


同フェスには毎回グラミー受賞者をはじめ、音楽シーンの最前線で活躍するアーティストが多数出演。日本版となる本イベントにも、本国からA$AP Twelvyy、YOUNG M.A 、KID INK、JEREMIHら人気若手アーティストたちがズラリと顔を揃え、国内からもJP THE WAVY、AWICH、kiLLaなど最注目アーティスト/クルーが参加した。


また、DJ MAGIC、DJ JUANYTO、DJ LEADらのDJ陣が会場をノンストップで盛り上げ、さらにHOT 97のラジオパーソナリティー・EBRO DARDEN 、PETER ROSENBERG、LAURA STYLEZたちも来日し、会場をニューヨークの空気で包み込んだ。


当日、会場のSTUDIO COASTでは開演前から、最新のストリートファッションに身を包んだ大量のヘッズたちがDJのプレイでウォーミングアップを済ませていた。そこにパーソナリティーたちが登場しフロアを煽ると、間髪入れずkiLLaたちが登場! メンバー全員でステージをフルに使ったやんちゃなステージングを披露し、早くも床が抜けんばかりの大盛り上がり状態に。

初陣を切ったkiLLaに負けじとアツいパフォーマンスを披露したのが、JP THE WAVY。SALUとのコラボVer.も話題を集めたバズ曲「Cho Wavy De Gomenne」など数曲を披露し、さらにフロアの熱を上げていった。ここで、国内勢唯一のフィメールアーティストであるAWICHがステージへ。代表曲「Remember」にフィーチャーされているYOUNG JUJUも参加し、豪華なステージングを見せつけた。

DJ MAGICのDJプレイで会場の温度をキープしつつ、ここで登場したのがA$AP Twelvyy。NYハーレムのクルーA$AP Mobの一員であり、デビュー作『12』も大好評だったTwelvyyだけに、ひときわ大きな歓声で迎えられた。その熱量をキープしたまま登場したのは、NYブルックリン出身のフィメール・ラッパーYOUNG M.Aだ。全身真っ赤なセットアップ衣装で登場した彼女は、あのビヨンセもお気に入りだという「OOOUUU」などの代表曲を披露しつつ、ストリートで磨いた自慢のフリースタイルを披露した。

イベントも終盤を迎えると、そのイケメンぶりでも大人気のラッパー・KID INKが登場。Steve Aokiとのコラボで話題を集めたパーティーナンバー「Delirious」や、Chris Brownをフィーチャリングに迎えた「Show Me」などを披露。DJブースの上に飛び乗り、オーディエンスを煽りまくる彼のパフォーマンスに、フロアの熱量はぐんぐんと上がっていく。

そして凄まじい美声を持つR&Bシンガー・JEREMIHが、イベントのトリを飾るべくバンドセットで降臨! 彼が弾き語りで「Hold You Mind」をしっとりと歌い上げると、感動のあまり放心状態になるオーディエンスが続出。女性ファンをステージ上に上げバラをプレゼントするなど、乙女心を鷲掴みにするセクシーなパフォーマンスでしっかり盛り上げた。

国内外問わずヒップホップ・R&Bシーンを代表するアーティストが、迫力のステージパフォーマンスをみせた「HOT 97 SUMMER JAM」は、本場ニューヨークの大型クラブさながらの空気に包まれた一夜となった。日本では2回目の開催となるが、今後もヘッズにとって見逃せないイベントになることは間違いないだろう。来年の開催を待ちつつ、<HOT 97>もぜひチェックしてシーンの最新情報をゲットしてほしい。

続きを見る