格闘技をやるための支えとしてヒップホップがある!【木村"フィリップ"ミノルのdopeなラップトーク#1】

木村”フィリップ”ミノルは、1993年9月9日生まれの23歳。10歳より格闘家としてのキャリアをスタート。若干17歳でデビューを飾って以来、ケタ外れの乱打戦とリング内外でのラフな発言でファンのハートを掴んできた生粋のラフネック・ウォーリアーだ。K-1やKrush、さらには総合格闘技にも挑戦するなど、様々なリングで戦う彼の勇姿を目にしたことがあるという読者も多いのではないだろうか。

だが、彼が格闘家きってのHIPHOPフリークであることを知る人は、それほど多くないだろう。「ファン」ではない、「フリーク」だ。今回インタビューで確信したが、実は格闘家であると同時に、1人のヘッズでもある。この連載では、格闘技と並んで木村”フィリップ”ミノルを構成するバックボーンとなっている「HIPHOP」を切り口に、その新たな魅力に迫っていきたい。

■格闘技をやるための支えとしてHIPHOPがある

―今日はよろしくお願いいたします。月並みですが、HIPHOPにハマったきっかけあたりから、お話をうかがっていこうかと思います。

木村”フィリップ”ミノル(以下:ミノル)―EminemのPVですね。それまでは全然HIPHOPを聴いて来なかったんですが一気にハマりました。格闘技の延長にあるものみたいに思えたんです。


―やはり『8Mile』?

ミノル:そうですね。「Lose Youreself」を聴いて「カッコイイ!」って思って。そこからどんどん関連動画を見ていきました。最初はEminemばっかりでしたね。本当にEminemしか聴いてなかった。

Lose Yourself by Eminem | Eminem


―ベストトラックを挙げるとすれば?

ミノル:「Till I Collapse」ですね。50centとやってるヴァージョンが好きです。海外のボクサー、確かシェーン・モズリーって黒人のボクサーが入場曲に使っていて、凄くかっこよかったんです。この曲が好きって人はそんなに多くないと思うんですけど、僕は一番好きなんですよ!

Floyd Mayweather Vs. Shane Mosley (HD)

50 Cent ft. Eminem Till I Collapse (The Remix) & Love Me live at SXSW.2012


ー「Till I Collapse」にまつわる思い出ってあります?

ミノル:中学校の時、練習に行く時に聴いてましたね。入場動画をずっと見たりとか。テンションを高めて行く感じです。


ー格闘技はおいくつの時に始められたのでしょう?

ミノル:10才くらいからやってました。


ーそれで中学の特にHIPHOPと出会った。格闘技とHIPHOPで生きてきた感じですか?

ミノル:そうですね。

格闘技をやるための支えとしてHIPHOPがあるというか。

例えば落ち込んでいる時に格闘技の動画を見ることもあるんですけど、やっぱり音楽の方が良い。音楽は気持ちを上げてくれますからね。


ー逆に格闘技とHIPHOPって似ているところがあると思います?

ミノル:あると思います。

もちろん選手にもよるんですが、格闘家って強いところだけじゃなくて、弱いところを世の中に見せてしまうことがある。例えば負けてしまうことで。しかも格闘技は、他の競技と比べてハッキリ「絵」として勝敗が見えてしまう。でも、それを武器に出来たり、魅力に出来たりもするんです。

HIPHOPもネガティブな、普通は隠したがる様なことを武器にしてしまう。むしろそういう要素が多い方がカッコイイという文化がありますよね。


ー確かにそうですね。Eminemも貧しい白人であることを武器に、HIPHOP界でのし上がって行きました。ところでEminemの後は?

ミノル:しばらくはEminemと50centが好きだったんですけど、だんだん日本語ラップも聴くようになって。


ー日本のラッパーで最初に好きになったのってどなたでしょう?

ミノル:一番最初はAK-69なんです。曲で言えば「Only God Can Judge Me」。

AK-69 - Only God Can Judge Me


で、そのあとにAKLOの「RED PILL」でしたね。

AKLO "RED PILL" (Pro by BACHLOGIC)


そこからは、いわゆる「日本語ラップ」が好きになって行きましたね。友達を誘って色んな人のライブを見に行くようになりました。


ー何か印象に残ってるライブなどはありますか?

ミノル:AKLOが出てるパーティーで観たSHUNですね。当時、僕はSHUNが大好きで。清水翔太と「ブギーバック」やってた人ですね。彼は今、Beat Buddy Boiってグループのメンバーなんですが、当時はソロで。で、そのライブでSHUNは超楽しんで、超カッコつけてライブしてたんです。それを見て「自分が楽しめば、みんなにも伝わるんだ」って思いましたね。

加藤ミリヤ 『今夜はブギー・バック feat. 清水翔太&SHUN (short ver.)』


ー最近だと、どのあたりのアーティストを聴いてるんですか?

ミノル:KOHHです(即答)


ー何か理由があるんでしょうか?

ミノル:なんというか・・・深いんですよね。不思議な世界観を持っていますよね。全部の曲が同じ方向性のメッセージを持っているわけでもないし、曲によって正反対のことを歌ってたりもする。もちろんハッピーな気分にもしてくれるんですけど、聴いてると落ち込んだりもするんです。僕はクラブで騒ぎながら音楽を聴くのも好きなんですけど、一人で聴くのも好きで。一人でKOHHを聴いてるとめっちゃハマってしまって、色々考えちゃいますね。


ー音源でいうと?

ミノル:『DIRT』です。他のアルバムは陽気な曲もあるけど、このアルバムはメッセージ性が強くて、今でも良く聴いてますね。練習前とかには聴かないけど(笑)。

KOHH - "Living Legend" Official Video


■木村ミノルのプレイリスト~練習前からプライベート、今後の入場曲

ー確かに練習前に聴いて、モチベーションが上がるタイプの音楽ではないかもしれないですね(笑)。では練習前にはどんな曲を聴いてらっしゃるのでしょう?

ミノル:練習前は、Lil Wayneが多いですね。


ー入場曲にも使われてましたよね。朝からガッツリLil Wayneで上げてく、と。

ミノル:Lil Wayneを聴きつつ、悲壮感を漂わせながら練習に向かうわけです(笑)。あ、Lil WayneもEminemきっかけで知ったんです。「Drop The World」って曲ですね。すげえカッコいいんですよ。声も歌詞も良くて。

Lil Wayne - Drop The World ft. Eminem


ミノル:あとLil Wayneがらみで「I'm On One」。これはDJ Khaledの音源で、DrakeとかRick Rossも参加してる。Lean(※咳止めシロップ)のことをラップしてるんですが、これはめっちゃイイすね。

DJ Khaled - I'm On One (Explicit Version) ft. Drake, Rick Ross, Lil Wayne


ーDJ Khaledって言えば、最近似たようなタイトルの曲を出してましたね。「I'm the One」でしたっけ。

ミノル:あー!あれもすげえイイすね。Justin Bieberとやってるヤツ!

DJ Khaled - I'm the One ft. Justin Bieber, Quavo, Chance the Rapper, Lil Wayne


ーこっちにもLil Wayneが参加してますね。 Lil Wayneは、どの辺が好きなんですか?

ミノル:なんというか病んでる感じの人が好きなんですよ(笑)。KOHHとかもそうなんですが。僕、そういう人生が好きで。普通の人には理解されない世界に自ら入っていって、苦悩してる感じが超好きなんです。

もちろんハッピーな人も好きだし、そういう姿勢も大事だと思ってるんですけど。でも男ってそういうの好きじゃないですか?多分バカだからなんでしょうけど(笑)。Eminemもそういう時期があったじゃないですか?


ーなんか全方位にケンカを売ってましたね。

ミノル:アレがすげえカッコよくて。

格闘家もそういう「ゾーン」に入っちゃったら無敵な気がするんです。「俺にしかこの痛みは分かんねえんだ!」みたいな。で、事実そういうヤツが勝ってるとも思います。


ートレーニング中に音楽は聴くんでしょうか?

ミノル:聴きますね。まあジムで流れてる曲は変えられないんすけど、自主練の時は今まで挙げた人とか、日本語ラップも聴きます。


ー練習前と練習中でBGMの方向性って変えたりしますか?

ミノル:変えてます!練習前は上げる感じなんですが、練習中はゆったりした曲を聴くことが多いです。その方が精神的に乗るんですよね。ちなみに前にいたジムではトレーナーさんが曲を流してたんですが、ずっと四つ打ちなんですよ。最初は好きだったんですけど、練習で追い込まれてる時に聴いてるから、どんどん嫌いになってく(笑)。そのうちクラブとかで四つ打ちが流れると「なんだよ」みたいな感じに。


ーなるほど(笑)。練習の辛さと結びついて行っちゃったわけですね。ところで今聴いている「ゆったりした曲」というのは?

ミノル:Post Maloneが好きなんです。練習中にはよく聴いてますね。


ーそれは意外ですね。

ミノル:次の入場曲に使おうかと思ってるくらいハマってます。


ー好きな曲を挙げるとすれば?

ミノル:「White Iverson」ですね。Post Maloneは自分のスタイルで勝負に出てる感じが凄く好きで。黒人のフィールドになんも気にせず向かっていく感じが。勝手な妄想かもしれませんが、Post Maloneって「俺なら勝てるよ?」みたいな気持ちでHIPHOPに「挑んでる」感じがするんですよ。

Post Malone - White Iverson


ー他に最近よく聴いてる曲は?

ミノル:Migosですかね。「Look At My Dab」。一度スパーリング中に流したことがあったんですけど、一発もパンチに当たらなかったす。Dabの動きでかわしてやりましたよ(笑)

Migos "Look At My Dab (Bitch Dab)" (WSHH Exclusive - Official Music Video)


ミノル:あとWiz Khalifaも好きですね。Lil WayneとWiz Khalifaが僕の中で二大巨頭です。

Wiz Khalifa - Pull Up ft. Lil Uzi Vert [Official Video]


ー先日来日しましたよね。

ミノル:長島スパーランドですよね。


ー行かれたんですか?

ミノル:(残念そうに)試合が近くて行けなかったんですよね?


ー練習が終わった後ってどんな曲を聴くんですか?

ミノル:2Pacですかね。一番好きな曲は「Life Goes On」。ちなみにですが、僕は生存説を信じてます(笑)。

確か死んでいった仲間のことを歌った曲なんですけど、聴いてると応援してくれてる人たちのことが頭に浮かぶんです。ジムのトレーナーとか仲間とか心から応援してくれてるファンの方達の。

Tupac - Life Goes On


ーで、練習後に1人になると、KOHHを聴いていたりすると。色々と聴く感じなんですね。

ミノル:こだわりは無いのかって言われそうだけど、幅広く。と言ってもHIPHOPとReggaeだけですけど。


■自身の入場曲は「落ち着く曲が良い。リングに上がってしまえば殺し合いなので」


ー木村さんは入場曲をちょくちょく変えてますが、これからの展開を教えてください。それと何か選曲の基準はあるのでしょうか。

ミノル:これからも変えて行こうと思ってますよ。基準は…。そのときハマってるものですね。


ーその時のテンションを反映してたりはするのでしょうか?最近「これからは手堅く勝つことも大事だと思ってる」的なことを仰ってましたよね。そういった心境を反映して、イケイケじゃない感じのPost Maloneが入場曲の候補に挙がっているのかな、と。

ミノル:それもあるかもしれませんね。今は、どちらかというと落ち着く曲が良いんですよ。

リングに上がってしまえば殺し合いなので、嫌でも上がるんですよね(笑)。なのでリングまで、いかに普段の自分を持っていくかが重要になってくる気がしてるんです。


ー次回に限らず、今後使ってみたい楽曲とかってありますか?

Lupe Fiasco - Pick up the Phone

ミノル:Lupe Fiascoですね。あとT-Pablowくん。一緒にご飯を食べに行ったり、ラッパーの中では一番仲が良いので。

続きを見る