【フリースタイルダンジョン】男・T-Pablow、ガチギレで制御不能!「おめぇB-BOYのビの字もねえんだよカス/てめえ死ねよ/触んじゃねえぞ」

サイプレス上野、漢 a.k.a. GAMIを打ち破り進撃を進める晋平太。3rdシーズンREC7-5では3人目のモンスターとなるT-PABLOWと激突する。

バトル前の映像では、T-PABLOWは「言いたい事がいっぱいある」と話すが、ステージ上で相対した二人は、ヒリヒリした空気感ではあるものの、睨み合う事もなく、互いに冷静な面持ちではあった。しかし、先攻:T-PABLOW、後攻:晋平太で試合がスタートすると、いきなり「HIPHOPは文化だ/ブームじゃねえ/テメエらがクソだせえもんにしねんじゃねえ?/クソダサいラップのCMしない」と、晋平太がWEB上を中心に手がけているラップCMを引き合いに出し攻撃し、「腐っても鯛でいたいのが俺のスタイル/一本100万のラップCM/俺オファー何本蹴った?」と自らのスタンスを明らかにするT-PABLOW。

そして「金稼ぐ事よりも金の稼ぎ方」「B-BOYは金ねぇ時こそ胸を張る/その後成功に腕伸ばす」と信念やマインドを晋平太に突きつけ、「俺はブームを作ってる側なんだよ/絶対に俺は文化を捨てねえ/HIPHOPってのは生き方だ/ラッパーに大事なのは死に方だ」と、どのヴァースでも自らのスタンスとイズムを提示するT-PABLOW。対する晋平太も「ブームを作ってんだろ?俺と一緒じゃん」「だから俺はずっとここにいる/オールドじゃなくてゴールドスクール」「(T-PABLOWが別名を語った事に対して)晋平太と書いて晋平太と読む/俺は別名なんて使わないぜ」と、T-PABLOWの言葉にしっかりと返していく。結果は1:4で晋平太の勝利。


先攻:晋平太、後攻:T-PABLOWでスタートした2ndラウンド。使用ビートに合わせて「ビートもクソもねえから聞きな/気をつけな口の利き方」と切り出した晋平太にヒートアップし、晋平太の胸ぐらを掴んでしまうT-PABLOW。それに対して瞬時に「掴む胸ぐら」と切り返す晋平太。

しかし「HIPHOP復活させてえ割にはよお/クソだせえ事しかテメえやってねえんじゃねえの?」「俺は先代の気持ちまで背負うぜ/お前出来ねえだろTOKONA-Xに顔向け」と、日常語となった「DIS」という言葉よりも、「敬意を持たない」という本来の意味での「DISRESPECT」を晋平太に叩きつけるT-PABLOW。最終的には韻もビートも踏み外し、まさに「ビートモクソモネェカラキキナ」と言った状態で、「くそだせえから死んじまえよ」「おいこの野郎てめえ後でさらっちまうぞこのクソガキ」「おめぇB-BOYのビの字もねえんだよカス/てめえ死ねよ/触んじゃねえぞ」とまで言い放つ。

一方で晋平太は「TOKONA-Xに顔向け?お前の下手なラップよりも十分できるぜ」「お前は成り上がりじゃない成りたがり」としっかり、押韻やビート・キープというラップのルールに準じ、再び胸ぐらを掴まれても「また掴んだ/これでファウル2/俺のラップ中何を見てる?これで勝負する」としっかりと「ラップ・バトル」として勝負に徹する。結果が2:3で晋平太の勝利。憤懣やるかたない表情でステージを降りるT-PABLOW。

ついにセミ・ファイナルにたどり着いた晋平太。次回はR-指定と激突する!

続きを見る