結成20周年のKICK THE CAN CREWが新曲「千%」のMVを公開! 8月にはアルバムもリリース

KICK THE CAN CREWが、最新ミュージックビデオ「千%」を公開。同曲は8月30日(水)にリリースされる、約14年振りのニューアルバム(タイトル未定)の収録曲だ。


KICK THE CAN CREW「千%」

KREVA、MCU、LITTLEの3人が『THE BEST OF JAPANESE HIPHOP vol.7』に収録されている「カンケリ」での共演をきっかけに結成されたのが、KICK THE CAN CREW。2001年にメジャーデビューし爆発的な人気を集めた彼らは、約4年間の活動期間中に『スーパーオリジナル』『イツナロウバ』『マルシェ』『sayonara sayonara』『アンバランス』など数々の大ヒット曲をドロップした。

MC兼トラックメーカーを務めるKREVAは、<B-BOY PARK>のMCバトルにて日本初となる3年連続優勝を達成した実力者でもある。空前のラップブームを迎えている今、かつて邦シーンにヒップホップの種をまいた功労者の復活は、大きな意味を持つはずだ。

もちろんKICKは新曲「千%」でも、全盛期とまったく変わらないどころか、さらに進化したラップを披露している。

「俺は千% 俺を抜いて 前を向いてなんなら進んでる 今言える 言えてる」
「あの日もあの日の俺の本気は嘘じゃない 経て からの ここ」

という実にKICKらしいフックには、新旧ファンの歓喜の悲鳴が聞こえてきそうだ。

MCUのリリックからも

『 (缶から)順位蹴飛ばす』(カンケリ01)

『最高な(アンバランス)』(アンバランス)

『ライツ、カメラ、アクションで棒立ち』(sayonara sayonara

『いつもONEWAY(Yeah)ありのまま』(ONEWAY)

などと行ったKICK THE CAN CREWの名曲のリリックを引用したラインもあり、昔ながらのファンは涙もののパンチラインもスピット。

さらに、2017年9月7日(木)には日本武道館にて約15年振りとなるライブイベント「復活祭」の開催も決定。ニューアルバムのリリースを待ちつつ、真打ちの完全復活をその目に焼き付けよう。


続きを見る