【フリースタイルダンジョン】T-PABLOW、「俺なら即興 蹴るバース/コイツら 頭をぶち込む鉄パイプ」

前回放送で、1st、2ndバトルを制した「戦極ライマーズ」。MC KUREIを中心に、SAM、9forの3人で構成されるこのチームが、3rdバトルで迎えた対戦形式は「3on3」。

モンスター側からはサイプレス上野、R-指定、T-PABLOWが登場。先攻:モンスター、後攻:チャレンジャーで始まったバトルは、「韻とか韻とか韻とかいいわ」と、韻に拘るチャレンジャー・チームを牽制しながら、「俺が好きな女は淫乱」と、試合前のR-指定のセックス談義に引っ張られたか、謎のオチをつけるサ上。R-指定も「ネタくさいライムばっか」とそれに被せるように攻撃。

対するチャレンジャーも9forが「サ上さんただのおっさんだ/勝っちゃってよっしゃっしゃす」と、攻撃かリスペクトかギリギリのラップを仕掛けるが、チーム内の間とコミュニケーションが難しい「3on3」、誰がラップで入るのかを把握できずに、空白の時間が生まれてしまうチャレンジャー・チーム。

すかさずR-指定は「詰まってんじゃねえ/詰まるな/つまらない事は言うな」と畳み掛け、前段でKUREIがR-指定に風俗ネタを仕掛けたことを踏まえ、「俺は風俗に金払ってんじゃねえ/それも全部バトルで稼いだ金だ/お前らとは格が違うんだボケが」と切り返す。そしてT-PABLOWも踏みながら更に高速ラップでフロウ・スキルをアピールし、モンスターとしての矜持を見せる。対するチャレンジャーもそこに惑わされる事無く、SAMは「夢見心地/胸に誇り/韻の形/Rさんスパッ/いっちょあがり」「安すぎるライム/ミラノ風ドリア/俺のVerseだ/みんなぶっ飛びな」と踏み返し、韻に拘る姿勢を形にする。結果は3:2でモンスターの勝利。

2ndラウンドも「お前色んな定型文みたいなラップしてたら呪いのチェーンメール送ってやろうかボケが」と初手からかますR-指定。対するチャレンジャーも「ハリセンボン/それか吊り天井/首根っこ/お前のスキル/マジまるでシュミテクト」「歯磨き粉/足場にも/だけどこの場所/お前の負け試合が始まるよ」と踏んでいくKUREIや、前段でのハリセンボンという言葉を受けて「こちらロロノア・ゾロだぜ/大剣豪」と刻むSAMと、そのライミングに対するスタンスは崩さない。対して「シュミテクト/こいつらのラップは趣味ですよ/バトルのプロ間違えんな」と、プロ/モンスターとしてのスタンスを明確にするサ上や、相手の言葉を引き込みつつフロウで魅せるT-PABLOWと、試合が進むにつれ、お互いのスタンスがより明確になっていくのが興味深い。結果は1:4でチャレンジャーの勝利。

最終戦となる3rdラウンド。TRAPビートに併せてこれまでの試合とはうって変わって、間を重視した言葉の置き方を見せたかと思えば、スピットしたタフなラップも展開し、フロウ・アプローチの確かさを見せるT-PABLOW、「若いってのはいいなあマジで/言いてえ言葉ばっか言ってりゃそれが楽しい/若さよりも俺の大人の味がお前に伝わるだろう」とヴェテランならではの言葉を吐くサ上、そして「お前が古畑だったら白色のを降る旗」と相手の言葉を受けながら見事な切り返しを見せるR-指定と、それぞれの持ち味を提示していくモンスター・チーム。

対してT-PABLOWの言った「ベルサイユ」に対して「モナリザ」とインテリな切り返しを見せるKREIや、ティーンエイジャーらしいアグレッシブなラップを聴かせる9for、低温な声質と渋いフロウにしっかりとライムをハメていくSAMと、チャレンジャー・チームも存在感を提示し、バトルはスタイル・ウォーズの様相を呈し、熱気は最高潮に。結果は3:2にモンスター・チームの勝利。獲得したジャッジの数を見ても、非常に拮抗した試合であり、「3on3」の醍醐味が表現された一戦は、こうして幕を閉じた。

続きを見る