よっ!太っ腹!! ニッキー・ミナージュ、ファンの学費とローンを肩代わりする

Yikes 🦄

A post shared by Nicki Minaj (@nickiminaj) on


ラッパーのNicki Minaj(ニッキー・ミナージュ)がファンたちの学費やローンを“肩代わり”するというサプライズを行った。


ニキ子は先日、話題の最新曲「Regret in Your Tears」のMVを公開したタイミングで、音楽動画アプリ<Musical.ly>でオリジナルのミュージックビデオを投稿する「Regret in Your Tearsチャレンジ」への参加を世界中のファンへ呼びかけていた。

世界中どこに住んでいるファンでもニキ子自身が飛行機代を出して会場へご招待! という太っ腹なチャレンジ企画で、優秀な動画を発表したユーザーにはニキ子が5月21日に出演する『ビルボード・ミュージック・アワード2017』へ招待するという賞品も用意されている。

そこで、あるファンが同企画にちなんで「僕の学費も支払ってくれませんか?」とSNSで問いかけてみたところ、なんとニキ子本人から直々に「オールAの成績表を見せてくれたら支払うわ。他にも参加したい人たちはいる?」というコメントが……!

突如立ち上がった“ニッキー・ミナージュ奨学金”の話に、当然ながら数多くの学生が反応。自分たちが教育を受けるための学費やローン、映像を学ぶためのカメラ機材代などの支払いを依頼するコメントが殺到した。

複数のファンに対して証明書類を見せてくれたら支払うことを約束したニキ子は、すでに公開した優秀なファンには「口座情報を教えて」と本気で援助するつもりであることを伝えている。

ニキ子は学生のファンたちとのやりとりを楽しんだようで、最後は「OK! 今日はここまで。明日支払いをして、どれくらいお金が残るか確認するわね」と泣き笑いの絵文字つきで締めくくり、1~2ヶ月後に再び“奨学金”の申し込みを受け付けるキャンペーンをサプライズで行うことを約束。そして、これをきっかけに若者たちの学費を援助するためのチャリティ活動を正式に立ち上げることを決心したようだ。

学生たちの未来をサポートする活動を始めたニキ子だが、過去にはJ COLE(J・コール)やDreke(ドレイク)もファンの学生たちを支援する交流活動を行ったことがある。

J・コールは約2年前に両親が麻薬中毒で服役中でありながら自身の音楽を励みに学業を頑張っているというファンレターをくれた高校生のシエラさんに対して、4年制大学に合格したら高校の卒業式に出席することを約束。実際にシエラさんがそれを成し遂げると、ツアーの合間をぬって彼女の卒業式に出席し、2年越しの約束を守った。さらに、数冊の愛読書と卒業祝いをプレゼントし、大学に通うための学費の支払いを援助することを申し出るなど、多大なサポートを行っている。

ドレイクも、末期の脳腫瘍を患った15歳の少女ケネディさんのためにクラスメイトが「彼女が大ファンであるドレイクに会いに来てほしい」とツイッター上で呼びかける“Drake For Ken”キャンペーンについて知り、リクエストに応えてケネディさんを訪問したことがある。

Incredible day

A post shared by champagnepapi (@champagnepapi) on

→過去にはJ・コールやドレイクが若いファンの卒業式に出席した

続きを見る