唾奇 × Sweet William、毒針仕込みのメロウヒップホップ作を発表

沖縄のラッパー・唾奇(つばき)が、ビートメーカー・Sweet Williamとタッグを組んで制作したアルバム『Jasmine』を4月19日にリリースした。


唾奇は、プロデューサー集団・BCDMGが2016年に発表したアルバム『FACT OF LIFE』の1曲目「Same As」にIO & YOUNG JUJU(KANDYTOWN)と共に参加したラッパー。また「フリースタイルダンジョン」のモンスター・CHICO CARLITOの「一陽来復」にフィーチャーされたことでも知られている。


BCDMG(feat. 唾奇, IO & YOUNG JUJU)「Same As」

CHICO CARLITO/一陽来復 ft.CHOUJI,唾奇 Beats by Sweet William

この度リリースされたアルバム『Jasmine』には、Jinmenusagiをフィーチャーした「Girl」や唾奇の代表曲である「道」のリミックスバージョンを含む12曲を収録。YouTubeでは、元SKE48の平松可奈子が出演した「Made My Day」と、シンガーのkiki vivi lilyを客演に迎えた「Good Enough」のミュージックビデオも公開されている。


「Good Enough feat. kiki vivi lily」

「Made My Day」

唾奇の特徴はレゲエからの影響を感じさせるスムースなフロウと、沖縄の方言を混ぜ込んだ独自のライムデリバリー。『Jasmine』ではSweet Williamのメロウなビートと抜群の相性の良さを発揮しているが、よくよくリリックを聴いてみると、とんでもない毒針が仕込まれているので覚悟しておこう。

なお5月28日(日)には、唾奇 × Sweet Williamとして<Manhattan Records SHIBUYA STORE>にてインストアライブを開催。イベント後には、Manhattan Recordsおよびタワーレコード渋谷店にて『Jasmine』購入者を対象に先着で配布されているチケットを、特典と引き換えることができる。


唾奇 × Sweet William 『Jasmine』 

01. South Side Ghetto 

02. 語リ 

03. 白内 

04. Kikuzato (Pianiment Remix) 

05. 街から街 

06. The Girl From Yosemiya 

07. Good Enough feat. kiki vivi lily 

08. Made My Day 

09. Frenchness 

10. Girl feat. Jinmenusagi 

11. Let Me 

12. 道 -Tao- (Soulera Remix) 


【唾奇 × Sweet William インストアライブ】

時間未定 

※イベント終了後に特典引き換え会 

続きを見る