T-Pablow、現在のヒップホップシーンを担う若きカリスマ

T-Pablowが3月31日(金)に自身の1stソロEP『Super Saiyan1 The EP』をリリースする。

「BAZOOKA!!!高校生RAP選手権」で2回王者になり、中高生による爆発的なラップブームの火付け役の1人で、「フリースタイルダンジョン」のモンスターとしても活躍するT-Pablowだが、彼には中高生のヘッズだけでなく、ヒップホップファンも熱い声援を贈り、ヒップホップシーンが大注目しているのだ。


■T-Pablow、マイク一本で這い上がってきた男

T-Pablowの甘いマスクとルックスに騙されてはいけない。彼はマイク一本でゲットーから這い上がってきたリアルスタイラーなのだ。京浜工業地帯のすぐそばの街・川崎池上町周辺ので育ったT-Pablowは「15で選べと言われたヤクザかラッパー」というハードな環境で育った。T-Pablowが双子の弟・YZERRと組んでいるユニット2WIN

の「PAIN AWAY」や、T-Pablow & Yellow Pato「BAD HOP Episode 3 Liberty」では少年時代の経験を赤裸々に歌っている。


2WIN (T-PABLOW × YZERR) / PAIN AWAY - Official Video -


BAD HOP Episode 3 Liberty / T-Pablow & Yellow Pato

■地元の仲間達とのヒップホップクルー・BAD HOPと名アンセム「Life Style」

T-PablowとYZERRは、地元の仲間達とのヒップホップクルー・BAD HOPにも所属している。メンバーは皆若いながらもT-Pablowに負けず劣らずハードな環境で育ってきた。彼らは決して悲観的でなく、むしろこの難しい世の中を仲間たちと音楽でサヴァイヴしていこうという強い希望を持っている。

2016年の「Life Style」はまさにT-PablowとYZERR、そしてBAD HOPの代表曲だ。特に「昔殴って傷つけた中学の先生が言う / 『見てるよ 頑張れ』」という生々しくも感動的なラインにはヒップホップファンから多くの称賛の声が寄せられた。


BAD HOP / Life Style - T-Pablow, YZERR (Prod by Gold Digga)

2WIN (T-PABLOW × YZERR) / FIRE BURN - Official Video -

そしてBAD HOPは昨年(2016年)、大阪・心斎橋SUNHALLと地元・川崎クラブチッタでワンマンライブを行う。しかもエントランスフリー。さらにはアルバム「BAD HOP ALL DAY」を送料のみで無料配布するなど、これまでの常識では考えられないことを次々と実現させている。「フリースタイルダンジョン」でのT-Pablowしか知らないヘッズは、バックボーンも知ると彼がどんな気持ちであの舞台に立っているか感じることができるかもしれない。


BAD HOP / IRREGULAR BOUND OSAKA -Back

BAD HOP/MADE IN KAWASAKI 工業地帯が生んだヒップホップクルー 

続きを見る