ニッキー・ミナージュ、リル・ウェインとドレイクと3ショット画像公開 ヤング・マネー再集結か?

Nicki Minaj(ニッキー・ミナージュ)がDrake(ドレイク)とLil Wayne(リル・ウェイン)との3ショットを公開し、ヤング・マネー再集結への期待が高まっている。

3月9日に仏パリでファッションウィークに参加するニッキー・ミナージュがドレイクとリル・ウェインとの3ショットをインスタグラムで公開。写真には「#3PACKFromPARIS w/love(3人組がパリより愛をこめて)」というコメントが添えられている。

#3PackFromPARIS 🇫🇷🇫🇷🇫🇷 w/love ♥️

A post shared by Nicki Minaj (@nickiminaj) on

#3PackFromPARIS with ♥️ 🇫🇷

A post shared by Nicki Minaj (@nickiminaj) on

リル・ウェインが運営するレーベル<Young Money Entertainment(ヤング・マネー・エンターテイメント)>に所属するビッグ3が揃った写真に加えて、ホワイトボードのハートマークの中に「TB3」、その下に「Tunechi」「Barbie」「6 God」とそれぞれを表す言葉が書かれた写真も公開されている。

ニッキーは3月11日にリリースした新曲3曲のうち「No Frauds」で、ドレイクとリル・ウェインをフィーチャー。同曲は、ニッキーをメタメタにディスったRemy Ma(レミー・マー)の「shEther」へのアンサー曲としても注目を集めた。

Nicki Minaj - No Frauds

ヤング・マネーは数年前から、大物ラッパー・BIRDMAN(バードマン)が主宰する親会社<Cash Money Records(キャッシュ・マネー・レコード)>と揉めており、ニッキーやドレイク、Tyga(タイガ)ら所属アーティストを連れてキャッシュ・マネーから離脱するべくモメまくっていたことはご存知の通りだ。

今年2月にはドレイクが、ロンドン公演で「今夏ヤング・マネー再集結ライブをする計画をしている」と明かしているが、しばらくはドタバタが続きそうなヤング・マネー勢。ニッキーとマーのビーフがきっかけとなり、かつてのYMの勢いが蘇るのか? 今後もその動向に注目したい。


Lil Wayne - Knockout ft. Nicki Minaj 

続きを見る