Netflix『ゲットダウン』はヒップホップ・トリビアの宝庫

まさに2017年の日本はフリースタイルラップブームの真っ只中。『フリースタイルダンジョン』『高校生ラップ選手権』などのTV番組、そして『KING OF KINGS』『ULTIMATE MC BATTLE』を始めとするMCバトルが人気を集めている。

そんな流れに乗って、すっかりヒップホップにハマり「自分でもラップやDJをやってみようかな...」なんて考えている方も少なくないはず。そんなヒップホッパー志願のヘッズならずとも、少しでもヒップホップやラップに関心を持っている皆さんにチェックしていただきたいのが、『ムーラン・ルージュ』(ユアン・マクレガー主演)、『華麗なるギャツビー』(レオナルド・デュカプリオ主演)など、数多くの劇場ヒット作を手がけた売れっ子監督バズ・ラーマンが手掛けたヒップホップ青春ドラマ『ゲットダウン』だ。

■バズ・ラーマン監督による傑作ヒップホップ青春ストーリー

現在Netflixで配信中されている本作の舞台となっているのは、1977年のニューヨーク市サウス・ブロンクス地区。類まれなる詩作の才能を持ちながらも、それを人前で発揮するのが苦手な少年エゼキエル・”ジーク”・フィゲロは、伝説のグラフィティライターにして駆け出しDJのシャオリン・ファンタスティックと出会い、仲間たちと共にラップ・グループを結成する。しかし時はまさにヒップホップ創世の時代。ターンテーブルの操り方やラップの丿ウハウは、自らの経験を通じて手に入れて行くしかない。本作では、様々な困難と戦いつつ、ヒップホップの世界にのめり込んでいく主人公たち、シンガーとして成功して未来のない街を出ようとする少女マイリーンを中心に物語が展開していく。


■グランドマスター・フラッシュを始めとする伝説のヒップホップアーティストや著名作家が監修

見どころのひとつは、極めてリアルに再現された1970年代末のニューヨークの風景だ。DJクール・ハークやグランドマスター・フラッシュを始めとする伝説のヒップホップアーティスト、音楽関連の書籍を多数執筆している作家のネルソン・ジョージらが監修に名を連ねているということもあり、グラフィティ・ライターたちの交流スポットである「ライターズ・ベンチ」、街角で開かれる熱気溢れる「ブロック・パーティー」、そこに集う70年代ストリートファッションに身を包んだ若者の姿など、当時まだ誕生したばかりのヒップホップ・シーンを鮮やかに描写している。


もちろん都市計画の失敗で貧民窟と化した公営住宅、火災保険目当ての放火で生まれた焼け跡、映画『ウォーリアーズ』を思わせるウルトラバイトレントな少年ギャングなど、貧困と暴力にまみれていた当時のサウス・ブロンクスの風景もしっかりと描かれており、当時のニューヨークに充満していた殺伐とした空気も味わう事が出来る。こうしたヒップホップ草創期の社会問題や時代背景について、より深く知りたい方には、副読本として監修者であるネルソン・ジョージの名著『ヒップホップ・アメリカ』(ロッキングオン刊)をレコメンドしておきたい。多角的な視点からヒップホップについて記した同書を読めば、本作への理解が一層深まるはずだ。


■プーマのスニーカーにカンフー映画 当時の流行を徹底的に描写!

またファッション〜サブカルチャー好きならば、何気ないディテールに注意を払ってみても面白いだろう。作中では語られないコク深い物語が背景に存在しているからだ。例えば、本作に頻繁に登場するプーマのスニーカーは、実際に当時のニューヨークで人気を集めていた。これは、70年代末の同社がライバルであるアディダスとの競争に勝つために低価格路線を取っていた事が原因だと言われている。

またグランドマスター・フラッシュ周辺がやたらカンフー推しなのは、今以上に激しい差別を受けていた当時のアフリカ系住民の間で、非白人スターが主役を務めるカンフー映画が人気を集めていたから。この流れはやがてフーシュニッケンズやウータン・クランといったカンフーギミックを売りにしたラップグループの誕生へと繋がっていく。例を上げればきりがないが、『ゲットダウン』はヒップホップ・トリビアの宝庫だ。こうしたディテールもまた誠実な考証の賜物といえるだろう。


言うまでもなく、ドラマ作品として秀逸でなければ『ゲットダウン』が大ヒットを記録することはなかったはずだ。が、今回紹介した「ヒップホップ映画」としてのレベルの高さもまた本作の魅力といえるだろう。現代に連なるヒップホップ史の第一章を知るきっかけとなるドラマ『ゲットダウン』。視聴後には、もっともっとヒップホップのことが知りたくなるエデュテイメントな名作ドラマだ。


ゲットダウン 特別映像「ターン・ザ・ビート・アラウンド」

ゲットダウン 特別映像「音楽が、世界への扉を開く」

ゲットダウン メイキング映像 <グランドマスター・フラッシュ編>

続きを見る