RUEEDインタビュー 初リリースから約10年「今の瞬間に没頭するっていうのをアルバムで表現できたらなって」(前編)

「俺はあの頃に戻りたいとか一度も思わない。それは今の密度がすごく濃いからかなと思います」——新作『ABANDON』を完成させたRUEEDは清々しくそう語った。その時その時の自分を投影するという一念で彼が重ねてきたアルバムもここに数えて5枚目、初のリリースからほぼ10年という節目を飾るアルバムは、そうした心の充実が無理なく作らせたものと言えるかもしれない。ここで彼はダンスホールという自らの初心を忘れることなく、新たなプロデューサーとも交流している。映画初出演となった「スカブロ」も近く公開が予定される彼のインタビュー。 


——そもそも今回の新作『ABANDON』にはどんな気持ちで臨んだんですか? 

RUEED:5枚目っていうことで自分の中でなんとなく節目、区切りのタイミングになるかなって。5枚目っていう数字もあるし、ファースト出してからそろそろ10年経つなっていうのもあるし。 

——キャリアを重ねていく中でご自身なりに変化はありましたか? 

RUEED:根本はあんま変わんないんですけど、より繊細に、ディテールの細かいところが見えるようになってきてるから、自分のジャッジの基準が厳しくなっていくのは必然だと思うんですよね。だから、いかに自分が今思ってることを納得する形で曲としてアウトプットできるかで言うと、今の方が自分の描いたように作れるようになってきたかなと思います。 

——今回の『ABANDON』はどんなアルバムをイメージして制作に向かいました? 

RUEED:初心に帰りながらも新しいステップを踏むっていう意識はあったんすけど、アルバムの色みたいなものは作っていく上でできてきた。「ABANDON」っていうタイトルも曲が出揃って最後に付けて。放棄するとか見捨てるとかあんまりいい意味じゃないんですけど、そこから転じて没頭するっていう意味もあって、自分の中の雑念、邪念を切り離して、今の瞬間に没頭するっていうのをアルバムで表現できたらなって。だから、曲それぞれのシーンシーンごとでその瞬間の気持ちを投影してるっていうのが強いです。 

——それは逆に言うと今、邪念が生まれるような状況にRUEEDさんがあるっていうことですか? 

RUEED:いや、自分的には今すごく音楽にフォーカスできてて、余計なものが入ってくる予知がない状態に制作でもプライベートでもなれてるから、タイトルはマイナスなシチュエーションから生まれたわけではないです。 

——なるほど。最初に話された「新しいステップ」ということで言うと、「ASOBITAI」をリミックスした5lackさんはじめ今回も新たなトラックメイカーたちとの制作がありましたね。 

RUEED:新しいものが生まれる瞬間の化学反応がたまらなく好きなんで、毎回新しいトラックメイカーを入れてます。もちろん自分の中でもっとベターな形が見えたら言いますけど、一番突き詰めてるのはたぶん作ってる人だから、入口のエッセンスを伝えるくらいのことの方が多いし、毎回そういう制作を楽しんでます。仕事もそうだけど、5lack君とはかねてから遊んでみたいなと思ってて、RUDEBWOY FACEが楽曲をやった流れから今回のリミックスが実現したんですけど、丸投げに近い感じで5lack君のスタイルで料理してもらって、返ってきた時にはこんなアプローチあるんだって全員飛ばされるみたいな。 

——話を変えて、RUEEDさんの曲は、具体的なトピックやパーソナルなことに限定しない曲が多いようにも思うんですが、その点は意識してますか?

RUEED:それはちょっと意識してます。考える余白を持たせるというか、全部言っちゃわない、説明しすぎないで、聴いてる人に委ねるっていう部分を持ってる曲が個人的に好きなんで。はっきりわかりやすい曲にもいい曲いっぱいあるけど、「あれ何だったんだろう」とか、「結局何言おうとしてたんだろう」とか、そういうのが気になる曲の方が掘っちゃいますよね、もう一回聴こうって。 

——こと今回のアルバムの曲作りでは苦しんだようなことはありませんでしたか? 

RUEED:いや、苦しむ前にやめちゃうんで、書くのとかも(笑)。逆にやることが多くて忙しいとか、嫌なことがあったとか、そういう逆境みたいな時はなぜか歌ができますけど、音楽をする上でマイナスとかネガティヴな状況はできるだけ作りたくないですね。 

——(笑)そうなんですね。毎回曲のアイディアはどういうところから生まれるんですか? 

RUEED:すっごい小っちゃい出来事からすげえ妄想していくこともあるし、ディグって突き詰めていくこともあるし、そういうきっかけはどの曲にもありますね。だから悩まないって言ったらウソだけど、基本的には自然に任して、何かが降ってきた瞬間にそれをキャッチしてガーッと作って行くみたいな。それをキャッチするまではずーっとボーッとしてることもあるし。 

——そこでも考えこまないってことですね。 

RUEED:それがすごいいいなと思う。この瞬間、このシーンを表す一番のキーワードみたいのがどの曲にもあると思います。

(インタビュー後編に続く)


RUEED "ABANDON Special Interview CM" 

RUEED - Love Life Live prod by StarBwoyWorks

続きを見る