MC☆ニガリa.k.a赤い稲妻 VS Rude-α、「高校生RAP選手権」で白熱バトルを繰り広げた二人が映画『SING/シング』で再び対決

現在全世界で続々と公開され世界各国で初登場1位を獲得するなど大ヒットしているアニメーション映画『SING/シング』(3月17日(金) 全国公開)。

特別に全編吹替え版の制作が許されたのはここ日本のみだ。内村光良を始め、長澤まさみ、大橋卓也(スキマスイッチ)、斎藤司(トレンディエンジェル)、大地真央、山寺宏一、坂本真綾、田中真弓、宮野真守、水樹奈々、谷山紀章など豪華キャストが吹替えを務めることが発表され、セリフだけでなく歌声も披露する。

今回メインキャラクター達と共にオーディションに参加するメンバーとして、日本版吹替えキャストに「フリースタイルダンジョン」や「BAZOOKA!!!高校生RAP選手権」での活躍で名を馳せ、新進気鋭の人気若手ラッパーとして活躍中のMC☆ニガリa.k.a赤い稲妻と、2017年より新たにバンド編成で活動を広げているRude-αの参加が決定した。

MC☆ニガリa.k.a赤い稲妻は、身体とラップは厳ついのにお腹の弱い牛のリチャード役を務め、クレイジー・タウンの「バタフライ」を熱唱&演技にも初挑戦。Rude-αは、ロボットダンスが得意なサブカル系のワニ役を務め、デジタル・アンダーグラウンドの「ハンプティ・ダンス」を披露。

オファーがきた時の気持ちについて、「まさか起用されると思っていなかったので、ビックリ!でした。役になりきれるようラップしまくって頑張りました。」(MC☆ニガリ)、「自分がまさか声優として映画に出演するとは思ってもなかったので驚きましたが嬉しかったです。貴重な経験でした。」(Rude-α)と明かす二人。

大会では二度の対決経験があり、レベルの高い白熱のバトルを繰り広げ注目を浴びたが、本作ではオーディションメンバーとして再び対決。今回の共演については「気にしないふりをして、気にしてました。Rude-αのおかげで+α加わったと思います。」(MC ☆ニガリ)、「ニガリが声を担当しているキャラクターが、ニガリ本人にそっくり過ぎて笑ってしまいました(笑)」(Rude-α)とお互いに共演の喜びを語っている。

『SING/シング』は2017年3月17日(金) 全国ロードショー

(C)Universal Studios. 

続きを見る