ジョニー・デップ、2パックとビギー殺害事件を追う捜査官に 犯罪スリラー『LAbyrinth』

ジョニー・デップは、トゥパック・シャクールとノトーリアス・B.I.G.の殺人事件を題材にした犯罪スリラー映画『LAbyrinth(原題)』で実在したロサンゼルス市警の元刑事のラッセル・プールを演じる。

本作は、作家ランドール・サリヴァンによるノンフィクション本『LAbyrinth: A Detective Investigates the Murders of Tupac Shakur and Notorious B.I.G.』を基に映画化する作品。

ノートリアスの殺人犯探しを命じられたロサンゼルス市警のプール(ジョニー・デップ)は、デス・ロウ・レコードCEOのシュグ・ナイトが著作権料の支払いから逃れるために2PACの殺害を計画、さらにビギーの殺害も、シュグがロサンゼルス市警の汚職警官と組んで企てたと推理していた。

プールは退職後も、2015年に心臓発作で亡くなるまで、生涯をかけてこの未解決事件の解決に費やしたが、志半ばにして命を落としてしまった。

その他のキャストには、フォレスト・ウィテカー(『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』『サウスポー』)が出演決定。ジョニーと共に事件の真相を追うジャーナリストを演じる。メガホンを撮るのは、ブラッド・ファーマン監督(『リンカーン弁護士』)。


『LAbyrinth(原題)』は2017年米公開予定。

続きを見る