SEEDA、完全復活! 新曲「Come Back」MV公開 「いま言ってやるよFuck You SEEDA/でも俺が一番だネガティブShut Down」

SEEDAが1月22日(日)、新曲「Come Back」のミュージックビデオを公開。長らく表立ったリリースがなかったSEEDAだが、完全復活を予感させるこの新曲は、多くのHIPHOPヘッズを震撼させている。

1999年からソロ活動を開始し、スキルフルな早口ラップとバイリンガルなフローで00年代中期のシーンに衝撃を与えたSEEDA。09年にリリースした『SEEDA』はタワレコのフリーペーパー「BOUNCE」の<OPUS OF THE YEAR 2009>で最優秀賞を受賞し、2010年リリースの『BREATHE』はiTunes洋邦アルバム総合チャートで2位を獲得するなど、輝かしい経歴を持つ。

そんなSEEDAがドロップした新曲は、その名も「Come Back」。Chaki Zuluによるタイトなビートに、「老いていく俺の外見 堕ちていく俺の内面 出世にとらわれ女に溺れ 友達忘れ捨てたリスペクト」と、自身の近況を投影したリアルなリリックを跳ねるように乗せた、タフな楽曲に仕上がっている。


長らくオリジナルアルバムのリリースがなかったものの、SEEDAの動向には常に注目が集まっていた。ついに届けられた新曲は、ヘッズやシーンの期待に応えるかのように「I Made a Come back 東京にCome back いま言ってやるよFuck You SEEDA でも俺が一番だネガティブShut Down」と自信に満ちた強烈なフックをお見舞いする。

かつてないラップブームに沸く日本の音楽シーン。第一線で活躍してきたSEEDAが体感してきた栄光と葛藤、そして再びメインステージに返り咲かんというメッセージに心を打たれること間違いなしの一曲だ。

昨年の大晦日には、AbemaTVで放送された『フリースタイルダンジョン 東西口迫歌合戦』でライブを披露し、kZmと共にオーディエンスを大いに沸かせたSEEDA。「ステージ上 イメージを 昔以上に浴びる歓声 さあ行こう」……完全復活を果たした彼の活動から目が離せない。


続きを見る